ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
modernism
30年振りに写真生活が復活しました。
現在リハビリ体操中です。
当時はRCペーパー等無く、全てバライタでした。
つまりベタ焼きもバライタ、月光Vの時代。

世の中のデジカメVS銀塩比率は95:5と思っていましたが
私の中では99.5:0.5位まで来ています。
それでも銀塩を学ぶのは基礎は大事だから。

ピアノが弾けるならエレクトーンも少し練習すれば
奏でる事が出来ますが、逆だと弾くことも奏でる事も
出来ません。車で言えばオートマチックとマニュアル
のような物だと思います。

古いカメラを引っ張り出して色々写しています。

子供の頃に使っていたカメラも今の技術で写せば
面白い画になると思います。

2005年、WSの仲間からの影響でハッセル病が発症
その治療の為にハッセルを購入しました。転がる坂は早く。

その後、大判カメラ熱も写され4X5(シノゴ)カメラを特注にて発注。
現在4台所有。レンズも8本になる。

そして2006年から8X10カメラを使うようになる。
高校の時にビューカメラ使っていたな〜。

当時ヨドバシの前で写した記憶があるな〜。
ピンホールカメラも現在ピンホールそのものの研究中。
様々な方法で穴を開けたが結局自分で開けた孔が最良と気が付く。
良く考えたら自分は職人だったのね。
現在、コンタックスAXにてアナログカメラの再履修をしています。
人生修行の連続だ!

新しい事にも貪欲で探究心旺盛です。

2007年に流行病のライカ病に罹る。
相当重症で最初のライカレンズからして「トリエルマー」これは
もう飛びぬけています。その後もHEXERのDUALと多焦点レンズの道。

2008年にVivitar熱に罹る。
秋に2BWSの仲間と写真展を開き集中治療の模様。

2009年、8X10カメラの手持ち撮影。
ハンディタイプのカメラを開発し8X10でのスナップ撮影を挙行!
プラチナ&パラジウムプリントにも。

2010年3月 11X14カメラも手持ち撮影出来るかもと新たな機材を発注。
6月にプロトタイプが完成。テスト撮影中。総重量3.8kg

そして2012年2月よりWSに参加したことからサイアノプリントに熱中。
4月に紫外線露光機を作る。

5月 フィールドタイプの11X14カメラが完成。
総重量では8X10のデイアドルフよりも軽く仕上がりました。

Powered by
30days Album