ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.05.08 Saturday

機材備蓄

JUGEMテーマ:写真
Beseler Motor Base

暗室用品がどんどん無くなっている。
JOBOのタンク用に使っているBeseler Motor Baseも使う分以外の備蓄をしている。
去年壊れた時も分解して直したのでしばらくは大丈夫だろう。
でも無くなったら困るので買い集め備蓄している。

2010.01.03 Sunday

Time Keep

JUGEMテーマ:写真
Time Keep

フィルム現像用の時計は未だにゼンマイ式を使っている。
コチコチと音がする事で動きが確認できるので必需品だと思っている。

精度的にはクォーツ式に敵わないが10分の精度誤差が数秒以内なら問題無い範囲。
勿論、精度の調整は十分に行っているので実用品としての性能は十分。

印画紙の現像用には別の電気式の大型タイマーを入手して使っている。
こちらは大きくて見やすい。



2009.10.23 Friday

乾燥網の棚作り

JUGEMテーマ:写真
乾燥網の棚作り

新たに印画紙乾燥の網を入手。
その網に合わせ棚を作ってみた。

当初4〜5日の予定だったが実際作り始めたらアッと言う間に完成した。
網は他に4枚ある。






2009.10.20 Tuesday

暗室用品物色中

JUGEMテーマ:写真
快適な暗室にすべく暗室用品を探して買っての繰り返しをしている。
メスカップはかなり個体差が有る事が判明。

2リットルで50cc程度違う物がある。
最近では理科機材屋さんで買うことにした。

液温を計測する温度計はかなり個体差があると測定が緩慢なのでアルコール系の
温度計は止めて水銀式に換えた。

計測制度も上がるし何より時間が掛からない。
今日もネットで色々探していたら面白い物が。

家具か?

海外では中々知りえないものがあるのですね。
 
2009.10.12 Monday

アーカイバル・ウォッシャー

JUGEMテーマ:写真
パターソン・アーカイバルウォーッシャー

アーカイバル・ウオッシャーと言う名前のただ垂れ流しの箱と違って、水圧での自動攪拌と比重の重い
不純物の排出が可能な優れもの。



2009.10.11 Sunday

暗室の必需品

JUGEMテーマ:写真
暗室の必需品ペーパーセーフ

ペーパーセーフが日本で余り普及しないのは現物を見た事が無いから?
暗室内で印画紙の出し入れがスムーズだと飛躍的に作業効率が上がります。
ならばみんなに見てもらおう。
2009.05.20 Wednesday

無いと困るもの

JUGEMテーマ:写真
ISEミニクリップ

最近見かけないISEのミニクリップ。
強力にカットフィルムを押さえる。

フィルム乾燥時の必需品。
少し買い足しておかないと将来不安。

他に変わるべき物は見当たらない。
2009.05.10 Sunday

Seal Commercial 210M

JUGEMテーマ:写真
Seal Commercial 210M
Seal Commercial 210Mと言うバライタのフラットニングプレス機を使っている。
ある方から自分はもう使わないので良かったら一番使う可能性のある方に使っていただきたいとの事。

はるばる神戸から旅して来たSealは銀一から購入された純正品であった。

暗室に使っている部屋の一番良い場所に鎮座して何やら神棚のような崇高な雰囲気を漂わせている。

PGI(フォトギャラリーインターナショナル)にて圧延用の紙を買って来てプレスをしている。

75℃位で2分程度でスルメのように丸まっていたバライタ紙が均一性の取れた形状になる様は不思議。

そのまま自然に熱を取ると全部が同じ形状の少しカールした状態に。

これは紙の元々の特性だろう。

Seal Commercial 210Mが来てからマスマス印画紙に向かっている。
お陰でFocomat 1Cも買えたし、今度はラッキーの4×5の伸ばし機も入る事に。

ほぼ毎週撮影&フィルム現像&プリントを行っている。

ようやく健全な写真生活に近づきつつあるのだろうか。



2009.05.01 Friday

暗室時計

暗室時計
JUGEMテーマ:写真


暗室時計
フィルム現像に逆算式の暗室時計を使っている。
名も無きドイツ製らしいゼンマイ式のヤツだ。
カチコチ懐かしい音がする。
クォーツ式のも考えたが時計は音がした方が動作確認できる。

精度的にはクォーツ式には敵わないが、お得意の精度調整で10分間でプラマイ5秒。

印画紙現像には最近大きなのが仲間入り。


2009.04.27 Monday

express funnel

Special express funnel
JUGEMテーマ:写真



Special express funnel
流体量の多い漏斗を探して来た。
通常の漏斗の3倍近い速さで薬品が落ちてくれる。

粘性のある液体にも使えると思う。
これは便利だ。


Powered by
30days Album