ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.12.12 Tuesday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

条件さえ順光であれば3枚玉はこれでもかと言う位に良く写ります。

 

2017.12.11 Monday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

食べると無くなる物は被写体として良い。

 

2017.12.10 Sunday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

テスト撮影は食べる物や人に限る。

といつも思っている。

 

2017.12.09 Saturday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

江ノ島ヨットハーバー事務局に行ったら伝説の海洋カメラマン。

アメリカズカップの公式カメラマンの中嶋房徳さんがおられて素晴らしい写真を拝見させていただいた。

 

1960年4月2日に東京港出港から6月20日のニューヨーク港出港までが納められた帆走、課業、躁練、

船内生活、100年祭行事の記録4,000カットから抜粋されたもの。

 

中嶋房徳さん 老いてもなお好奇心旺盛な方とお見受けしました。

 

現代カメラと3枚玉レンズで記念写真。

 

 

中嶋さんの秀逸なカメラアングルにしばし時を忘れてしまいました。

 

 

2017.12.08 Friday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

開放でも順光ならば鋭い解像度。

美しいBokehでは無いかも知れないが面白い。

 

フィルムもデジタルも適度な光線量が必要だと言う事が判る。

教材的にも面白いが写真関係の学校ではこんな崇高な事はやらないだろう。

 

思い付かないのかも知れない。

残念なことだ。

 

遠景も中々良い。

雲も鳶もそれらしく写る。

 

 

2017.12.07 Thursday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

写真用語のボケは今や国際写真用語Bokehとなっている。

ならば開放でBokehばかりを狙うのも方法。

 

人も物も何でも写して見よう。

今週末には取りあえず今あるレンズのアダプターが揃う。

 

 

 

2017.12.06 Wednesday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

少し纏めてみたら良いかもしれないレンズ。

現代だから出来る技術なのかも知れない。

 

 

2017.12.05 Tuesday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

狙った被写体は逃さないのが鉄則。

ある意味料理人と同じでは無いか?

 

同じタイプのレンズは現在50mmで4本。

もう少し短いと面白いのだが探して見るか?

2017.12.04 Monday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

屋外で順光ならば絞り込んで写すとまあ普通。

通常はこんな使い方をしないレンズ。

 

2017.12.03 Sunday

3枚玉

JUGEMテーマ:写真

何を撮っても大体まとまる。

焦点距離とボケが依存するのでもう少し距離が長いとどうだろう。

 

同じ銘柄でもOEM先が違うと相当違う(気がする)

元の玉でもOEMに出すのは自社販売分よりの良い物を出すのが日本。

 

 

Powered by
30days Album