ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.12.06 Tuesday

奇跡の洞窟

JUGEMテーマ:旅行

ポルコロッソの隠れ家にピッタリの洞窟。

この辺りは砂が白く水が澄んでいる。

 

流石にココで釣りをする人はいない。

隠れた秘境のあるこの町は唯一一軒残った銭湯すら温泉。

 

たまには出掛けて見たくなる町の一つだ。

 

2016.12.05 Monday

旅窓

JUGEMテーマ:旅行

踊り子号も専用の車両では無く群馬方面で使われていた旅客車を使っている。

伊東から先は単線で東急電鉄と言う事もあるのだろう。

 

伊東から先は深い伊豆と言う感覚になる。

時間も掛かる分人情も厚い。

 

 

2016.12.04 Sunday

ある下田日記

JUGEMテーマ:旅行

下田らしいお土産はやはり干物だろう。

熱海や伊東や湯河原とも違う漁場の近い地の利で厳選された材料を感じる。

 

さあ、今回は何を買おう。

見て楽しんで買って楽しんで、食べて楽しんで。

 

 

2016.12.03 Saturday

ある下田日記

JUGEMテーマ:旅行

下田には味のある看板が沢山ある。

田舎の観光都市は心落ち着く。

 

特に海辺は好むところだ。

海産物のお土産は見るのも買うのも食べるのも大好きだ。

 

 

2016.12.02 Friday

ある下田日記

JUGEMテーマ:旅行

下田は歴史のある町なのだが町名に驚かされる。

いきなり一丁目等とフザケタ町名で昔の町名を使うべきだ。

 

観光を産業とするなら。

役所がそれをしないのは怠けているとしか考えられない。

 

旧町名を役所が使わないなら住民が使えば良いのだ。

なら、話は簡単。

 

2015.12.31 Thursday

ある下田日記

JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:写真
下田にて
下田の町を歩くと行き成り下田1丁目と言う地名になり驚く。
駅からイベント会場の中間に宿があった。

友人の居た所の前を通って行く道の先にあった。
下田と言えば金目鯛で有名。

昼には地魚の寿司を食べる事が出来る。
会場の下見をして防虫スプレーを買ったりした。

ハンディの8X10でも相当な数の撮影も。
今回は機材を宅急便で送り帰りも送り返した。

 
2015.12.30 Wednesday

ある下田日記

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:旅行
下田にて
その地形から黒船と日本の入り口に結びついたのは何らかの意味があると思った。
当時アメリカ領事館の置かれたお寺の本堂にてイベントが開かれた。

小さな町で開かれたイベントは実は物凄く短い準備期間の中で、下田の町の夏最大のイベントの
只中で行われた。カジキマグロフィッシング大会に見事に重なってしまい、当初は宿が取れなかった。

ところが天は台風を呼んでしまったので訪問の3日前に再度予約を入れたところ、大量のキャンセルが
発生し宿が無事に取れた。イベント終了時には終電も終わってしまうので、宿泊できないとイベントに

参加する事が出来ないからだ。急遽決まったイベントなので参加登録も必要無いとの事。
往復の旅費と宿泊費だけで参加できた。

 
2015.12.29 Tuesday

ある下田日記

JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:写真
下田にて
今年の7月に下田へ行く事が出来た。
黒船で来たペリー提督の末裔と、同じ黒船でペリー提督の下で写真撮影を担当していた方の末裔が

下田で再開・対談すると言うイベントがあり、是非ともお話が聞きたくて休みを作り参加した。
下田には友人がいて彼に会えるかなと言う事もあり、重い腰を上げて足を伸ばした。

残念ながら友人は今は下田にいない事が判ったが、彼の幼馴染や知り合いとはイベントで会う事が
出来たのは偶然の引き合わせとしては出来過ぎな感じだ。

20年ぶりの下田はそんなこともあり、温かく迎え入れてくれた。
 
2015.07.22 Wednesday

下田の路地を歩いて

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:地域/ローカル
下田の路地
下田の路地を歩くと旧友がひょっこりと現れて。
ドンガバチョのような声で一言声を掛けられるかも。

と思いながらあちこち歩いて見た。
今回下田で知り合った方々はその旧友を知る方が幾人かいるので、

クスクス笑うかも知れない。
多分、幸寿司の親父さんも仲間だった気がする。

 
Powered by
30days Album