ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.01.26 Wednesday

下町ぶらぶら

JUGEMテーマ:写真
Leicaも使います

産れも育ちも東京深川。
子供の頃は大人しかったが、今になり江戸っ子の気質が年々激しくなる。

気の短さから行ったら大変なモノだ。
気の長さも併せ持つ偏屈なオヤジになる。

母方で6代目、父方だと3代目になる。
6代だと幕末に江戸に出て来たようだ。

2010.04.13 Tuesday

ラインセンサーレンズ

JUGEMテーマ:写真
ラインセンサーレンズをライカマウントに

昨年産業用のラインセンサーレンズを某所見学の折に貰った。
かなり前に大量の注文を受けた時の名残だそうだ。

そのまま机の上の文鎮では勿体無いのでLeicaマウントに改造をお願いした。
傾斜カムを切ってもらったのでL⇒Mマウントで、LでもMでも焦点合致が可能だ。

傾斜カム

これで35mmでも写真が楽しめる。
次はFocotarをライカマウントに。
2009.02.22 Sunday

使い分けてみた

Leica M-6/M-7/M-8
JUGEMテーマ:写真


JUGEMテーマ:アート・デザイン


Leica M-6/M-7/M-8
3種類のLeicaを使い分けてみた。

重くて移動に難儀。
次回はボディ1台にレンズを4本で行こう。



2009.02.07 Saturday

SUMMILUX

M-7とSUMMILUX
JUGEMテーマ:写真


最近の組み合わせはM−7とSUMMILUXがとても多くなった。
感度の低め(と言ってもASAじゃなくてISO=125)のプラスXというコダックのフィルムを
常用使用に切り替えた。
以前のトライXも良いフィルムだが、プラスXも昔使っていたフィルムだ。
素描等に異議を唱える方もおられますが、中々良いフィルムである。

フィルム現像は自家現像に切り替えたので仕上がりが安定していると思う。
今の所ベタ焼きまでRCで行い、ウォーッシャーが届いたらバライタで焼く。

印画紙も色々と試してから自分の今の作風に合うのを探そうと思う。
楽しみが山盛りなのです。


2009.01.23 Friday

SUMMILUX

二つのSUMMILUX
JUGEMテーマ:写真


二つのSUMMILUXを使っている。
一つは35mm、もう一つは50mm。

最初にチタンメッキの35mmを、その後50mmの白胴鏡を手に入れた。

開放付近でのボケが面白くて使っている。

感度100位のフィルムと合わせて低速シャッターで切る、ライカならではの味わいかも
知れない。

35mmでは100本位撮影した。
50mmではまだ。
2008.11.30 Sunday

Summarit 5cm f1.5

Summarit 5cm f1.5
JUGEMテーマ:写真


Summarit 5cm f1.5
たまには古いライカレンズを持ち出して、現代のハイスピードレンズと比べてみると。
面白い写真が。

ただし順光でしか向かないが。

使い方でボヤボヤ、ボケボケになるのが面白い。

これを面白いと取れるか古い玉だと片付けるか。




2008.11.21 Friday

歴史的建造物

三ノ輪同潤会
JUGEMテーマ:写真

この建物が建ってから80年近い歳月が。
壊される前にもう一度写しに行かなくてはと思っている。


2008.10.28 Tuesday

日本の一番良い時代

唐草の風呂敷とも
JUGEMテーマ:アート・デザイン


JUGEMテーマ:写真


ライツミノルタCL用の標準レンズであるM-ロッコール40mm。
見た目はLeica純正のレンズ(当時は純正だった)。

凛とした佇まい
ブライトフレームは表示されないが35mmと50mmの間と思って使えば何ら問題は無さそう。

純正みたいな
M-7とも意外に仲良くなれるレンズだと思う。
しばらく使ってみよう。

このレンズは買ってからずっと仕舞ったままで、M-8、M-6から使い始めた。
今度はM-7で相性は意外と良さそう。



2008.10.27 Monday

「旅するカメラ」を手に入れた

旅に出たくなるカメラ
JUGEMテーマ:旅行

「旅するカメラ」を手に入れた

Leica M-7を手に入れた。
このカメラを持って旅に出たくなった。
そう言うカメラは久しぶりだ。

GR用のカバンも中々良い。
このカバン、GR用の部分は添え物で、本体にはLeica一式と交換レンズ、それにフィルムが
6本位の小旅行に最適。
何よりローライが縦に入る(この場合はLeicaはお留守番)のが凄い!
他の荷物は何も入らない潔いカバン。

添え物のGRが主従関係なのが凄い事だ。




2008.10.20 Monday

昭和の匂い

昭和の匂い
JUGEMテーマ:アート・デザイン


古いレンズに古いカメラの組み合わせで東京の街並みを写している。
8×10のシリーズの「Tokyo8×10」のロケハンも兼ねている。

一度のロケハンで1万5千歩は軽く歩く。
歩く歩数によってこれは良い!と言う写真にはならない。

良い時はどんどん。
駄目な時はまるで駄目。

人生の機微にも同じく。


Powered by
30days Album