ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.02.18 Monday

enosimaを臨む

JUGEMテーマ:スポーツ

ハーバーから茅ケ崎方面へ向かう。

ここまで来るのに30分位。

 

10分から15分はエンジンで機操し、セイルを繰り出し15分くらいの位置。

この位置からハーバーまで機操しても結構時間が掛る。

 

 

2019.02.18 Monday

セイル番号

JUGEMテーマ:スポーツ

ヨットのセイル番号。

無くても支障は無いが固有の番号が有った方が何かと都合が良い。

 

レースでは船名を必ず海上で本部艇に申告する。

それ以前に船の形と人員の認識は出来ているようだが儀礼的に行う申告。

 

漁船や遊魚船には船体番号が大きく書いてあるが、ヨットの船体番号は小さく

遠目には判らないからセイル番号は有効だと思う。

 

 

2019.02.13 Wednesday

セイルシュミレーション

JUGEMテーマ:スポーツ

テンダー(小型の舟)を下ろし前部ハッチからジェネカーを出す。

この黒い袋の中に傘を被った軽い帆が入っている。

 

傘ごと上げて傘を下からまくると中からジェネカーが出て来る仕組み。

 

2019.02.12 Tuesday

セイルシュミレーション

JUGEMテーマ:スポーツ

天気が良くて風が弱い時にジェネカーの上げ下げの練習の準備。

中々コツと勘が肝要。

 

2019.02.02 Saturday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC02243.jpg

 

2019.02.01 Friday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC02339.jpg

プリンセスベイ靴禄亶劼魯丱奪から出て港の出入り口で方向転換し、相模湾の大海原へ出航する。

帰港はそのまま舳先を桟橋に向け帰港する。

 

船の構造と乗り降りを考えてそのように改修してある。

桟橋への乗り降りも桟橋側にゲートが設けてある。

 

ゲートが無い船はそのままガードを跨いで行くので桟橋側に踏み台のある船も。

いつまでも若くないのだから改修すれば良いのにと思う事も。

 

船はその持ち主の個性の固まりで中々に面白い。

船底のキールの長い船と短い船がある。

 

どちらもキールボートの類である。

キールの下部にはバラスト(錘)が付いている。

 

 

2019.01.30 Wednesday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC02343.jpg

そろそろヨットを陸上に上げて船底のメンテナンスをする時期。

毎年2月の第二週がプリンセスベイ靴両絏諭柄イ鯲上に上げてメンテナンスを)する時期。

 

この船はセイルドライブと言う構造でエンジンからの力をギアを使い垂直に下ろし、更に

ギアを入れて横方向に向けてある。

 

セイルドライブの付け根と船底の間にはゴム製のブーツが付いていて、昨年は接着剤がギリギリ

だったので今年は少し違う方法でピッタリ着けたい。

 

ペラの塗装による凹凸も何らかの方法で出来ないものだろうか。

 

2019.01.29 Tuesday

2019ヨット事始め

DSCF3342.jpg

海上係留ヨットは数年に1度は陸上に上架(じょうか)し船底の点検と汚れ落しと船底の塗装

を行う。船を快適に使うには必須な行為だ。

 

クレーンで陸上に上げた船は作業用の船台に固定して、目視で点検後ジェット水洗で汚れを

流し落とす。これが快感なようで私がハーバーに着く頃には終わっている事が多い。

 

今年は去年やり残したセイルドライブの部分に船底と固着する部分の接着。

去年は大きなボンドが最後少し足りなくなり固着が少し浮き上がった事が痛恨。

 

今年はもう少し科学的に今から準備だ。

マスキングテープももう少しスムーズに貼りたい。

 

日帰りなので何処まで効率的に出来るかが問題だ。

 

2019.01.24 Thursday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC01562.jpg 

 

油壺湾の入り口に海洋研究所がある。

かなり昔の建物でここに来ると油壺に来た事を実感する。

 

毎年桜のシーズンに油壺湾で花見を行うために何艘かのヨットが集結する。

海が荒れた時には現地解散と集合の時があった。

 

各自ブルーシートを持参し当初は各船ごとだった集まりも、宴たけなわには入り乱れて面白い事に。

その翌年には油壺湾に沖合係留したら途中からあちこちの船にみんなが動いて面白い事に。

 

 

2018.06.20 Wednesday

久しぶりに沈を見る

JUGEMテーマ:スポーツ

久しぶりに競技ヨットの沈を見る。

この日は他にも数艇見かけた。

 

左程うねりも風も無いのだが何らかの拍子にあっという間も無く横転してしまう。

起こすのは人力で起こしてもアカ(水)出しで体力を消耗する。

 

昔と違いセイルも化学繊維なので起こしたら直ぐに帆走出来る。

でも起こすのは結構大変だ。

 

 

Powered by
30days Album