ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.04.18 Tuesday

ゴールに乾杯

JUGEMテーマ:スポーツ

無事時間内にゴールポイントを超えてビールで乾杯!

何より格別な味。

 

烏帽子岩からは強烈な南風にヒールしっ放しで時折波を被りながらのバラストウエイト役。

時折のピッチングで船首が波に浸かるコンディションだが速度が稼げた。

 

 

 

2017.04.17 Monday

2017江ノ島ノルウェーフレンドシップヨットレース

JUGEMテーマ:スポーツ

去年は悪天候で開催出来なかった、江ノ島ノルウェーフレンドシップヨットレースに参加。

今回30艇以上の参加で大賑わい。

 

艇長のポリシーである無理無く安全な航海を心がけ、タイムアウト前にゴール。

早い大型艇よりも遥かに小さな小型艇の早さにビックリ。

 

前日の大嵐の中回航してくる数艇の根性にビックリ。

それも昨年の桜セーリングの時から知り合いになった仲間。

 

見知った仲間が早く到着する瞬間は見えなかったが本艇が到着時に接岸にお手伝いいただいて

嬉しく楽しく有意義な日を過ごせました。

 

みなさんに感謝します。

ありがとうございます。

 

 

 

 

2017.04.16 Sunday

青い空白い雲

JUGEMテーマ:スポーツ

今年はおかしな天気。

夏では無いのに雲が夏。

 

空が青空。

気温的には少し涼しい位の方が過ごしやすい。

 

 

2017.04.14 Friday

ヨットをヨットらしく

JUGEMテーマ:スポーツ

この見上げている角度が中々に好き。

林立したマストも好き。

 

何より青空が好き。

手元にはワインが。

 

 

2017.04.13 Thursday

PB3の後ろ姿

JUGEMテーマ:スポーツ

テンダーを漕いで船の後ろ姿を見る。

この角度からはテンダーで行かないと見れない。

 

水面から30センチくらいから見る船の姿は面白い。

船底も一部見る事が出来る。

 

先週からレースの準備。

2017.04.12 Wednesday

SS-01からの眺め

JUGEMテーマ:スポーツ

SS-01からの眺めはこんな感じ。

桟橋の一番手前、ハーバーの一番奥で前進で接岸、後進で出港。

 

同型の船はこのハーバーでは見ない。

其々のヨットは其々の形の物が多い。

 

量産されている船は何故か少ない。

 

2017.04.11 Tuesday

クリート

JUGEMテーマ:スポーツ

船を係留する時に使う金具クリート。

同じような形状が船側にも付いている。

 

船具屋さんで聞いたら昔あった真鍮製のものは既に国内では作る職人さんがいないとの事。

木製の滑車も今はとんと見無くなった。

 

昔は船のロープはマニラ麻だった記憶が。

トラックの荷紐も麻だった。

 

現在は合成繊維が主流で強烈な紫外線にも耐えられる仕様になっている。

セイルロープで作るヨットスリングの終端処理も今色々な方法を考えている。

 

セイル用の糸で縫って、エポキシ樹脂で固める方法が今の所一番。

編み込みでやる方法もあるのだがもう少しロープの研究が必要だ。

 

現状では丸カンに通すやり方なので取り付けられない構造のカメラもある。

 

2017.04.04 Tuesday

午後のクルージング

JUGEMテーマ:スポーツ

江ノ島ハーバーの僚船と油壺から江ノ島に帰港する。

穏やかな海面だが時折うねりがありローリングがあるので注意が必要だ。

 

 

 

2017.04.03 Monday

係留ブイ

JUGEMテーマ:スポーツ

油壺湾の係留ブイ。

今回は9艇と多いので全ての係留せず、部分的に横抱きで船団を組んだ。

 

様々なヨットを跨いで交流する様はとても面白い。

 

2017.04.01 Saturday

ヨットに乾杯

JUGEMテーマ:スポーツ

ヨットを見ながらヨットとその仲間に乾杯。

こう言う自然な写真が良いと思う。

 

今年は何故か写真展が多くほぼ2カ月おきにある。

ソロの時もあるがグループ展が多く新たな仲間も増える。

 

そんな時代が数年に一回はある。

大体そのままメンバーに定着。

 

だから加速度に仲間が増える事になり活動範囲も広くなる。

 

Powered by
30days Album