ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.09.13 Saturday

これからの写真

JUGEMテーマ:ファッション
JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:アート・デザイン

これからの写真は既成概念と言う考え方が当てはまらなくなるだろう。
ここ数年ずっと考え続けているテーマではある。

自分なりの一つの答えがCYANOTYPE。
僕らが初めて写真を焼き始めた頃はバライタ号数印画紙だった。

RCと言うのがKodakで考え出されたと言うのは聞いた事があったが、
国内には未だ入って来なかった。

写真を再開した時には号数紙と言うのは無く、マルチグレードと言う色ガラスを
使いコントラストを変えると言う一見便利そうだが矛盾の塊の紙しかなく。

途方に暮れていた。
8X10を始めた時にもそれで悩んでいた。

数年してからプラチナプリントと言うのがあると聞いた。
それを教えてくれる単発式のワークショップがあると言う。

ならばやらねばと一気呵成に焼きまくる。
8X10ネガなら膝の高さ位まであった。

しかし問題はコストの高さ。
そこで出会ったのがCYANOTYPE。

大昔に設計図で使っていた青焼きと同んなじような仕組み。
コストは1/30以下。

これだ。

kanako

新たに撮り起こした写真で焼いて見た。
この紺色が馴染まないと言う人も多い。

神社に多い朱色の鳥居だって非日常の色だけど。
だったらそれを組み合わせて額装してみよう。

2014 TOKYO 8X10写真展 9月15日までです。
13日は1日会場におります。

今年からポートレイト写真も写しています。

 
2014.07.21 Monday

CYANOTYPE


shanai

テストプリントは本来の色では無くあくまでテストプリント。

本当はもっと藍色の濃いのを想像して下さい。


CYANOTYPEは淡い色を好む方もいらっしゃいますが、本来はもっと濃度が高いです。

今回の一連のプリントはプリントのテストとスキャナーのテストを兼ねています。


2014.07.20 Sunday

CYANOTYPE

JUGEMテーマ:日記・一般

お気に入りにJR鶴見線国道駅。

kokudoueki
鶴見線は他にも魅力的な駅が沢山ある。
浅野駅から友人の家が近いと思い歩いたら90分も掛ってしまった。

肝心の友人は出掛けていて生憎留守だった。
電話の無い時代にはそう言う訪問が主だったようだ。

そんな時代も良かったかも知れない。
と思う小旅行であった。
2014.07.19 Saturday

CYANOTYPE

JUGEMテーマ:日記・一般

CYANOTYPEをプリントしている。

紙を作る時に薬品の調合によって濃淡が出過ぎる場合がある。

berand

ハイライトが出過ぎなのだがこれもアリか?
全てが手作りなのでこれはこれで。

今回も新たなハンディ8x10の出番はあるか?
乞うご期待!


 
2014.07.18 Friday

CYANOTYPE

JUGEMテーマ:日記・一般

あちこち撮り歩いている。
手持ちで撮影できる8x10や11x14のハンディカメラで。

turumisen
撮影ポイントを探してロケハンをしたり、ぶっつけ本番で撮ったりしている。
撮り貯めたネガを使いサイアノで焼いていると撮影している時の情景が浮かび上がる。

あの時は昼に何を食べてどう言う時間に何をしたのかさえ克明に覚えている。
ある意味頭の中の記憶とリンクしている。

8ミリ映画の音入れシンクロ機構よりも正確だ。
やっぱり写真は面白い。
 
2014.07.17 Thursday

CYANOTYPE

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:日記・一般

CYANOTYPEと横文字だともっともらしいが、大昔の青焼き図面を思い出していただければ。
大きな船の図面も青焼きの時代があった。

そう考えると偉大な技術のような気がする。

atarasiidouro

計画から60年以上経過したが日本の都市計画は凡庸な偉大さがある。
上図の写真も汐留側から見たマッカーサー道路の入り口で、このまままっつぐ行くと溜池の米国大使館脇に。

マッカーサーが離日してからも約束を守って作り上げた事に庶民は感動している。
もう少し都市計画を勢いを付けて進ませるべき事なのかも知れない。

この道路計画の後に作った首都高は最悪の作り方だと思う。
日本橋の上は無いだろう。

道路原票の上に道路を作る大馬鹿がこの国にはいると言う事を。
あの部分に首都高はいらない。


 
2014.07.16 Wednesday

サイアノ

JUGEMテーマ:写真

ここ数年サイアノで作品作りをしている。
8x10や11x14で撮影している事もあり、密着焼きでのプリントが多い。

tamagawa
デジタルネガでプリントされている方も最近多いようだ。
写真展とかも近未来では液晶パネル等の利用も数年のウチに当たり前になるだろう。

そうなるとメディアを持って行けば何処ででも展示が出来るかも知れない。
インクジェットプリントは無くなる可能性も。

そうなると俄然手焼きのプリントに軍配が上がりそうだ。
えっちらおっちら大きなカメラを持ち出すのは面白い。

写真撮影の行為その物が前近代的だが多分無くならない。
古典技法の方が生き残るかも知れない。

デジタルは先に行けば行くほど進歩し簡単になるだろう。
真逆の写真的技法は奥深く楽しみは尽きない。

 
2014.07.09 Wednesday

サイアノ

JUGEMテーマ:日記・一般
ここ数年サイアノに取り組んでいる。
2液の薬品を調合してサイアノの用紙を作る。

日本の染色の藍染にも似た色は何物にも代えがたい色だ。
今回はそのサイアノを調色に挑んでいる。

でも、元々のサイアノの色が好きなので調色は断念してと言う感じ。
F6の水彩画用紙18枚分を作るのに1時間位は掛る。

丁寧に塗らないと紙の中から気泡が出て使いものにならない用紙が出来てしまう。
それでも未だに使えない用紙が出来る。

取組初めの頃は散々だった。
様々な水彩画用紙を使って見たが結果は高い安いでは無く、数が一番出ているであろう

安い紙に落ち着く。
薬品を塗り自然乾燥させてから数日置いてから焼くようにしている。

露光は自作の紫外線露光機。
焼くのは日が落ちてから。

 
2014.05.22 Thursday

マッカーサーの呪縛

マッカーサーの呪縛

11X14カメラを担いで都心を撮っている。

3月末に完成した通称マッカーサー通りの周辺である。

マッカーサーの進言により海岸通りからアメリカ大使館の近くまで一本道が出来た。

進言から60年以上経過しているにも関わらず計画を進行させた事は驚き。

一部便利になったが一体幾ら掛ったのだろうか。


2014.05.21 Wednesday

品川を取り戻せ

品川品川を取り戻せ

品川駅は品川区には無い、あそこは港区だ。

JRの前身だった国鉄が山手線を轢く時にもっと南にあった品川宿の名前を騙り

品川としたようだ。

正確に言うと(東京都港区高輪3-26-27)駅名は高輪か芝浦が正しいと思う。

今からでも遅く無いので名称変更をすれば良いだけの事だ。

歴史的におかしいのだから今から是正せよ品川区が政治的に動けば良いのだ。

「品川を取り戻せ」

目黒駅も目黒区じゃ無い。

(東京都品川区上大崎2-16-9)これだと上大崎。

日本はおかしい。

千葉にあるのに何でTokyoと付けるのだろう。

拡大解釈するのが好きならオリンピックだって陸続きならばどこで開催しても

Tokyoになるのでは無いだろうか。

新馬場駅前にある「品川神社」境内から。

ここが本当の品川の中心なんだぞ。



Powered by
30days Album