ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.11.11 Thursday

プラチナde写真展

JUGEMテーマ:アート・デザイン
写真展案内

プラチナプリントだけで写真展を開催します。
会場は横浜のエリスマン邸です。

会期は2010年12月23日木曜日〜27日月曜日まで。
かなり内容の面白い写真展になります。

私は今回のためにしばらく現地に通い写真を写しています。
勿論ハンディの8×10カメラです。

会期までにあと数回撮影します。
どんな景色になります事やら。

写真展

会場までは少し歩きますが先日「アッ」と驚く近道を発見しちゃいました。
近々写真付きでアップします。

次回の撮影の時に写して来ます。
2010.11.11 Thursday

プラチナde写真展

JUGEMテーマ:アート・デザイン
写真展案内

プラチナプリントだけで写真展を開催します。
会場は横浜のエリスマン邸です。

会期は2010年12月23日木曜日〜27日月曜日まで。
かなり内容の面白い写真展になります。

私は今回のためにしばらく現地に通い写真を写しています。
勿論ハンディの8×10カメラです。

会期までにあと数回撮影します。
どんな景色になります事やら。

写真展

会場までは少し歩きますが先日「アッ」と驚く近道を発見しちゃいました。
近々写真付きでアップします。

次回の撮影の時に写して来ます。
2010.10.25 Monday

紫外線露光機

JUGEMテーマ:アート・デザイン
紫外線露光機

プラチナパラジウムプリントには太陽光線が有効だが光線量の変化が激しく使いこなすのは
大変だ。
そこで紫外線露光機の出番が。

適度な濃度のネガなら大体の薬品レシピで露光時間が決まって来る。
紫外線露光機と太陽光線の併用(ハイブリット焼き)が効果的だ。

紫外線露光機で3分から4分の後に太陽光線で30秒〜1分の露光と決めている。
ただし太陽光の紫外線量も今は真夏の3分の1程度だ。
2010.10.24 Sunday

プラチナパラジウムプリント

JUGEMテーマ:写真
プラチナパラジウムプリントなう

晴天に恵まれ朝からプラチナパラジウムプリントを行う。
薬品の処方を少し変えて見た。

ネガの濃度が揃っていれば規定の露光時間で良いのだが濃度が濃いと途端に時間が変わる。
焼きながら時々チェックを行う事になる。

紫外線露光機と自然光の併用で焼く事に。
今回はコンスタントに仕上がった。

今週は日帰り出張があるが今回は時間もギリギリなので8×10を持って行かず。
都内で数カ所の撮影の予定。


2010.09.08 Wednesday

自然光で焼いています

JUGEMテーマ:写真
自然光で焼いています

天候に恵まれたので自然光でプラチナパラジウムプリントを焼いています。
最初に紫外線量を測定してから焼く時間を決めます。

焼き枠は今回ボスティックサリバン(アメリカ・ツーソン)から買ったモノです。
大きくて重くてビックリです。

最初に焼いたのは月島の御隠居の写真です。
これが中々良い味です。

このネガのサイズは11×14です。
金曜日に撮影した写真を日曜日にプリントしました。

薬品を自分で調合していますが最近のレシピはほぼ決まって来ました。
太陽の光線は日々刻々と変化しますので人工の露光機も併用します。

写真も焼けますが人間も焼けてしまいますので程々に。
今回で今月開催される「8×10カメラな仲間たち写真展2010」の作品は仕上がりました。
2010.09.07 Tuesday

プラチナパラジウムプリントなう

JUGEMテーマ:写真
プラチナパラジウムプリントなう

金曜日に写したハンディ11×14カメラで写した写真を日曜日にプリントした。
今回もプラチナパラジウムプリント。

8×10の時とは大きく異なり焼き枠も2倍の大きさだ。
取り扱いも大きく重いため中々思うように行かない。

薬品の調合も8×10の2倍作る必要がある。
前回の調合レシピを調べてその2倍作る。

刷毛でそれを紙に塗って行く。
この作業が楽しくて心がすっとして行く感じ。

習字の墨をするような感覚に近い。
毎回この儀式が楽しい。

自然乾燥の後にドライヤーで冷風乾燥。
更に乾燥させてから焼き枠の裏押さえ板に完成したプラチナパラジウムペーパーを乗せ、その上に

ネガを置いて位置を決める。
塗布する場所を間違えると塗り足りない部分は印画にならない。

何とか感で上手くいったようだ。
上にガラスを乗せて位置を確認。

枠で押さえ裏押さえ板ごと裏返す。

そして焼き枠の裏のスプリングを押さえるのも一苦労だ。
表に反して確認する。

位置良し!裏焼き確認良し!
日差しが強いので外の自然光で露光しよう。

強い日差しの下で最初のプリントは紫外線測定機で計ったら露光時間4分。
露光後紫外線カットした蛍光灯の下で焼き具合を確認。

少し露光不足気味。
室内の露光機で30秒焼き増し。

その後現像液で結像したものをハイポクリアーで洗浄の繰り返しを3段階、その後水洗と自然乾燥。
乾燥網で自然乾燥。

こんな手順で毎月やっています。



2010.08.18 Wednesday

プラチナパラジウムプリント

JUGEMテーマ:写真
プラチナパラジウムプリント額装

撮り下ろしと焼き直しのプラチナパラジウムプリントの中から今度の写真展用の作品を選ぶ。
選んだついでに額装してみる。

こうなると展示会場の壁に掛けた時のイメージが膨らむ。
今回は参加者が昨年の10人から20人になった。

みなさん粒揃いの作品を出すであろうからこちらも今まで以上に力が入る。
こうして決めても搬入日になって入れ替える可能性もある。

明日から壁に掛けて眺めてやろう。
壁に掛けるワイヤーも準備しよう。

明日は来客があるので丁度良いや。
2010.08.17 Tuesday

プラチナパラジウムプリント

JUGEMテーマ:写真
プラチナパラジウムプリント

プラチナパラジウムプリントをここ1年の間ほぼ毎月焼いている。
紙は専用の紙を使い4種類の薬液を調合して印画紙を作る事からスタートだ。

ネガに合わせた調合も少しづつではあるが出来るようになった。
この方法だと印画紙が無くてもプリントが可能だ。

ネガの大きさが必要で大判だと8×10にはピッタリのサイズなのだ。
それ以下の大きさのネガだと拡大ネガを作ればプリントが可能だ。

みなさん色々な実験をされているのでワークショップも楽しい1日となる。
先日のプリントで9月のグループ展の分はほぼ完成。

11×14の撮影を進行させてネガを30枚位作ったら今度は11×14のプラチナパラジウムプリントを
16×20の紙にプリントしなきゃ。

焼き枠は既に準備してあるんだ。

2010.07.30 Friday

Platinum Palladium Print

JUGEMテーマ:アート・デザイン
図録用

100年経過しても何ら変質しないPlatinum Palladium Printにて作品を作っている。
その前に大きな8×10カメラで撮影してからフィルムを現像している。

フィルムは大量に使うので海外から安価な古いタイプのフィルムを購入。
カメラは手持ちで使うために考案したのを長岡製作所で特注している。

レンズは現代の広角系レンズは中間調が出難く写りも不満足なので、必然的に100年位前の
広角系を探さなくてはならない。これが中々無くて苦労している。

その他古いレンズにはシャッターが付いていないので、ソルントンシャッターを探さなくてはならない。
程度の良いのが少ないので今回作る事にした。

現在進行形なのだが古い物を使いながら新しい事にもチャレンジしている。
その繰り返しの連続が楽しい。

こんな事をやっている人は他にもいます。
ただし、自分の周りだけかと思いますが。

これって世界的に見て非常に希で良い状態なのだと思います。
秘密の花園状態かも知れない。
2010.07.19 Monday

Platinum Palladium Print

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
プラチナパラジウムプリント中

Platinum Palladium Printにて作品を作っている。
2010年9月21日から元麻布ギャラリーで開催される「8×10カメラな仲間たち写真展」へ出す分だ。

出来る限り新しい作品で出す予定。
この暑い中撮影も進行中です。

今回は8×10の作品を10枚と、秘密プロジェクトの作品を数点日替わりで出す予定。
会期中に8×10ワークショップの企画もあり、8×10に興味のある方には刺激的な内容だ。

前回10名の参加者のウチ8名が再度の参加。新たに12名の仲間が加わり、史上最大20名の8×10
使いが集まる事に。

世界にも例の無い8×10イベントになりました。
ここに来れば現代の8×10の全てが見られるかも知れません。

参加者のほとんどが自分で現像&プリントをしていると言うのも凄い事です。
Powered by
30days Album