ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.03.14 Tuesday

桟橋の向こうには

JUGEMテーマ:スポーツ

SS-1桟橋の向こうには港の入口が。

プリンセス・ベイ3は頭から入るので、出向は港の入口まで後進で進む。

 

港には様々な形のヨットが並んでいて1日見ていても飽きない。

この桟橋には電気が来ているので船内で日常生活も出来る。

 

水道はタンクに汲み置き式で水道からホースで入れる。

燃料タンクの反対側に口がありほぼ同じ量が入るようだ。

 

もう少し水温が上がると周囲には様々な魚が群れている。

 

2017.03.13 Monday

SS-1桟橋

JUGEMテーマ:スポーツ

SS-1桟橋からのプリンセス・ベイ3。

この角度から撮ると船首が見えない。

 

後から気が付くので次回の撮影課題。

このクリートから20cm位の距離からの撮影。

 

20mmのロシアレンズは凄いの一言。

 

2017.03.12 Sunday

もやい

JUGEMテーマ:スポーツ

もやい

桟橋に何気なく置いてあるもやい。

こんな物でも先人たちの知恵の塊。

 

少しずつ分析するだけでも面白くて一日見ていても飽きない。

子供の頃に百科事典を一日中見ていた事を思い出す。

 

港に来るとそんな事を思い出す。

 

2017.03.11 Saturday

何時もの位置から20mm

JUGEMテーマ:写真

20mmの広角レンズで何時もの角度から撮って見る。

樽型の歪はこのレンズには無く、直線はあくまで直線。

 

小春日和の波静かな日は気持ちが良い。

風が無さ過ぎで船を走らせるのは難儀な日だ。

 

 

2017.03.10 Friday

ルサール流し撮り

JUGEMテーマ:写真

1978年製らしいロシアレンズで流し撮り。

レンジファインダー用のレンズだが焦点は目測のレンズ。

 

目測なら写真を再開する当時から使い慣れているので大体これ位の位置と言うのが

身体に組み込まれていて瞬時にピタリと合う。

 

こればかりは修行なので誰でも直ぐにとは行かない。

中央上に太陽の如き丸はノンコートなので内面反射が普通に起こる。

 

独特の描写は現代レンズに無い味。

 

2017.03.09 Thursday

ヨットスリング

JUGEMテーマ:スポーツ

セイル糸の玉留を溶解して固着。

段々工夫が向上してきた。

 

ヨットのロープを買いに行っても最近は向こうもストラップにする長さも

覚えてくれて注文通りに切ってくれる。

 

無愛想ながら最近良く喋ってくれるようになる。

近くだから週に2回も行く客も少ないだろう。

 

 

2017.03.08 Wednesday

深川に来たら

JUGEMテーマ:グルメ

ここに来るといつも数点しか頼まないので空腹の仲間は何てしみったれな注文と思うらしい。

でもこのボリュームは参ったかと言う状態。

 

同じような品書きの焼き豚、クラゲ盛り合わせよりも断然生野菜で決まり。

 

2017.03.07 Tuesday

深川に来たら

JUGEMテーマ:グルメ

ビールの次はお向かいの千松へ移動。

ここで赤星に飲み物を変え、友人たちと語らいが始まる。

 

僕らの酢の物はこれがスタンダード。

甘エビもシャコも冷凍では無い本物。

 

増量するためのかさ上げなど皆無。

これが出た段階で飯!と叫ぶ御仁がおりました。

 

生憎飯は無いんですよ。

 

 

2017.03.06 Monday

深川に来たら

JUGEMテーマ:グルメ

深川に来たらココに来なきゃ意味無い。

と地元なので集合はいつもココからスタート。

 

国産の各種生クラフトビールが週替わり日替わりで楽しめる。

つまみはいつも鞍掛豆と野沢菜。

 

 

2017.03.05 Sunday

マストの点検

JUGEMテーマ:スポーツ

また今日もマストの点検をしている船が。

マストの上には様々な機器が装着されているので点検は重要。

 

勿論安全ベルトを装着しての点検だ。

大きな船だとハシゴ状の物が付いているのもあるが無い場合はロープで登る。

 

 

Powered by
30days Album