ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カメラの持ち運び | main | 大判プリントした後 >>
2008.11.14 Friday

カメラの持ち運び

GRカメラバッグ
JUGEMテーマ:写真


長年捜し求めていたカメラバック
答えは身近にあった。
渡部さとる師匠が持っていたバッグ。

今まで伊勢丹メンズ館のカバンを使われていたのだが、ある時を境にヌメ色の小洒落た
バックに変わっていた。

そのカバン今までと違いますねと聞くとGR-Dのカバンとの事。
肝心のGRは何処に入るのですかと聞くと。

脇のポシェットとの事。
この潔さに参った。
http://www2.diary.ne.jp/search.cgi?user=178978&cmd=show&num=2008101201223794792&log=2017840974&word=GR
確かに脇にGRだけが入る大きさの入れ物が付いている。
本体には衝撃を吸収するインナーが入っていて、ローライが縦に入るそうだ。

師匠はローラーを入れられるカバンをずっと探していたそうだ。
これならNew F-1もLeicaも入ると思う。

何よりカメラバックらしくないのが気に入った。
数日後中野のフジヤカメラ用品館に行ったら同じのが出ていた。

新品を買うよりは安いがユーズドにしては高い値段。

中身その1

今はM-7の居住スペースに。

New F-1+シュタインハイル オートキノン35mm

New F-1も居心地が良さそう。

「いせ辰」の巾着をもう一枚買わなきゃ。
江戸小物は今も立派に役立っています。


コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album