ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Auto-Quinaronで散歩 | main | 象のいる町 >>
2008.10.16 Thursday

水平感とフレーミング

神楽坂界隈
JUGEMテーマ:アート・デザイン


大判写真の時には最初から水準器で水平出しを行うのが鉄則。
構図もピントグラスを見ながら左右上下逆さまな画を見て組み立てて行く。

一度三脚を据えるとほとんどそこから動かない。
街中のスナップでの撮影とは大分違う。

躍動感とか動きのある写真とはそこが違うと思う。
フレーミングは最終的な写真の組み立て方で引き伸ばす時にトリミングをしないように
写すのがベスト。
画面全体での組み立て方で写真の構成が生まれる。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album