ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ヴェトナム | main | PX-9000 >>
2005.11.08 Tuesday

彫刻


彫刻の見本です。
何にでも彫ってくれます。これはサンプルで安い時計に
彫ってみました。
その内にカメラにも彫ってもらおうと思っています。
この職人さんは宮内庁からの依頼の物にも彫ります。
仕事に誇りを持っていて口癖は、「仕事はお金じゃ無いよ」
と言いつつ、お酒を持って行くと仕事が早くなります。
結果「仕事の後の一杯は欠かせないね」となります。
コメント
SEIKOが正規に輸入している5です。
違いは裏蓋がスケルトンになって
います。21石と23石がありますが、
17石以上の精度の差は余り認められ
ません。調整を極限まで上げると
異常なくらい精度が上がりますが、
部品の追随が追いつかず、結果精度
不良になります。一時期SEIKOの
ハイビートと言う振動数の多い
機種がありましたが、硬度のある
部品では無かったので、異常に
部品の磨耗が多かったです。
理想は余り振動数の多くなく、機構の簡単な物の方が長持ちします。
歴史的に残っているものは、案外
シンプルな構造に、装飾を施した
物が多いです。カメラもそうだと
思います。マニュアルの時代が
もう直ぐです。
そこでローライに行くかハッセルに
行くか、もしくは双方を使い分けるかです。
SEIKO5だ!
あたらしめのデザインみたいですから、東南アジア向けのアジアン5というやつでしょうか。エジプトやヨルダンなど、ちょっとマシな経済状況の中東では人気がありますね。と言っても、最近はGショックの方が人気です。

全身エングレーブした装飾用のリボルバー拳銃みたいなM型ライカも良いかもしれません。ライカのブラックペイントは意外と滑り止めの効果がある…なんて言ってる輩もいますが、彫り物アリの方が滑らないはずです。
  • すずき@13期
  • 2005.11.08 Tuesday 11:57
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album