ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< My 8×10 | main | セレクト中 >>
2007.10.31 Wednesday

GR-D

不忍池

GR-Dを入手

その小さなカメラは2005年の11月末に手に入った。
何気なく入った銀一でハッセルの視力補正レンズを買おうと見ていたら、
「入荷しました!」と3台のGR-Dが出ていた。
聞けば現金特価との事で近隣の銀行のATMでお金を下ろし、視力補正レンズと合わせて
買った。
持って帰ってハッセルの視力補正レンズを交換する時も、包みを横目でチラチラ見て
いた記憶が蘇る。
ハッセルを仕舞い、いよいよGR-Dを開けようとその時、来客があり2時間ほど棚上げ。
難しい交渉だったがこちらのネゴが通り難なくクリアーした。時刻が午後7時過ぎ。
それから梱包を解きGR-Dを手中にしたのは8時前だった記憶が。
手にした瞬間「小さなカメラだ!」「ちょっと動作が鈍いかも」と喜び半分、悩み
半分だった。
試しにテスト撮影をしてみた。SDカードの性能にも依存するようで書き込みが早い方が
(高いSDカード)の方が良いようだ。その日から毎日持って歩くようにした。
毎日100枚は撮影するようになる。
ハッセルで撮影する時の押さえとして、4×5の押さえも8×10の押さえもGR-Dにしている。
GR-Dでけでも十分な写真を写せると思ったのは去年開催した2BWSのグループ展だった。
当初、4×5で行こうと思い同じ場面の画像を師匠に見せた所、GR-Dの方が評価が高かった。それならばと、再度撮影に行った。沢山の写真中からセレクトした14枚の写真は
A3ノビにプリントした。額装して壁に飾った所、皆さんの評価はだれもこんなに小さな
デジタルカメラで写したとは評価されなかった。中判と言う声が圧倒的だった。

その後GX-100が出てそれも使ってはいるが、やはり基本はGR-Dであることに変わりは
無い。小さくて高画質で使いやすいカメラである。
カメラを1台しか持って行けないなら、この1台を選ぶであろう。

度重なる動作不良もあり交換してもらい今は3台目ではあるが。

次はどんなのが出るのか興味あります。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album