ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Protar V 141mmの焦点可変式の内面遮光反射処理が完成 | main | 社内の撮影ポイントで11x14を使う。 >>
2020.09.22 Tuesday

Angulon 210の11x14ハンディカメラを内面遮光反射防止加工する。

JUGEMテーマ:写真

こう言う作業は一気加勢で行った方がキリが良い。

そこで11X14と言う大きさのハンディもこの際やった方が良いと言う結論。

 

暫く出番が無かったサイズだがフィルムもある事なので仕上がれば撮影も進む。

材料の準備さえ整えばと言う事で即手配。

 

アクリル絵具はあるのでモルトプレーンさえあれば出来る。

先にパーマーセルを剥がしてアクリル絵具を塗っておけばモルトプレーンが届くまでに

 

絵具も乾いて作業時間も短く済みそうだ。

問題はモルトプレーンの量。1枚では足ら無いので2枚は使う。

2枚頼んで正解だった。

 

後は足を付けようと頭を悩ましている。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album