ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新型カメラの木地が出来た | main | 古いレンズを活かそう >>
2019.07.09 Tuesday

カメラレンズと木地の組み合わせ。

JUGEMテーマ:写真

8X10でも十分イメージサークルのあるレンズを5X7に使うと真ん中の美味しい部分だけ

使うという理屈に。

 

感度の低い湿板にはシャッター等必要無くレンズキャップで十分。

開放で数秒で十分な光量が得られる。

 

撮影したその場で現像なので露出のチェックもその場で出来る。

種板(湿板)も大きくないので現像システムも小さく出来るのでは無いかと机上の空論で

 

現在考案中。

ガラスの種板も先に表面研磨と、断面の砥石掛けも事前にやっておけば良いのだから。

 

持ち運び式の暗室箱で良いのでは?

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album