ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019ヨット事始め | main | 2019ヨット事始め >>
2019.01.12 Saturday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC00044 - コピー.jpg

係留桟橋は浮き桟橋な構造で大きな浮きの上に浮いている。

これをポンツーンと言う海底に打ち込んだ柱を挟んで浮かんでいる。

 

一昨年の台風の時に小田急ヨットハウス側から流入した高潮が江ノ島ハーバー側に大量に流れ込み

湘南港側に一気に押し寄せた。その時はポンツーンの柱上部の塩化ビニール製の三角帽で外れなかった。

 

だがその三角帽が傾いたままで1年半が経過、次に同じような台風が来たら外れて桟橋毎

セールングクルーザーが流され大惨事になると予測。

 

管理者側に再三申し入れて工事をしてとお願いしても何も手付かず。

ならば巨大なマイナスドライバーと小槌で直すしか方法は無い。

 

昨年の台風の時も桟橋に来ている水道が壊れ2週間桟橋が断水。

流石に水道には手を出さなかったがその辺の管理の甘さが良くない。

 

メンバーの皆さんはもう少し管理者に要請や文句を言うべきだ。

2020オリンピックを前に神奈川県から船舶の移動を命令口調で要請があったようで。

 

先週、神奈川県から説明があったようですが、ヨットは愚かハーバーの運営に関する理解のある方が

担当者におらず、ただヘラヘラした頭の弱そうな浮かれた連中が来ても事は前には進みません。

 

どの程度の数の船が来てどの程度の面積が必要とされているのかも分からずで説明もクソも無い。

昨年の国際大会に来たレース艇は350艇との事。

 

一部移動しただけでそれだけの事が出来たのなら、係留や陸置きした船の移動は必要が無いのでは?

無駄なお金を使い江ノ島に行く橋も1部拡幅工事をされていますがその予算で、2万トンクラスの客船を会期中

 

チャーターし沖合係留し本部とすれば良いのでは?

その船とメガフロートと台船を基地としたらそれで事が済むのでは無いかと、かなり以前から考えています。

 

観客も横浜から氷川丸で来れば話題にもなるでしょう。

海洋国と謳う日本は何処に行ったのでしょう。

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album