ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東京8X10組合連合会を作った人 | main | ハンディ8X10カメラ1号機の3期目改修 >>
2018.07.06 Friday

ハンディの4X5と8X10

JUGEMテーマ:写真

初期バージョンは4X5も8X10も戦国自衛隊バージョン。

逆に目立ち過ぎるので後から大人しくバーバリーのコート生地に。

 

8X10の方は本体の材料の選定を間違えて10kgと言う目方、4X5は700g。

レンズは8X10がニコンのSW 120mm、4X5はスーパーアンギュロンの65mm。

 

4X5は中々使いやすく毎回25ホルダー(50枚)撮影。

8X10は5ホルダーも無理。

 

そこで8X10は諦めずに本体の材料を根本的に見直しレンズ探しに。

プロターの141mmか148mmが良いだろうと言う事に。

 

ただし1800年代後半のレンズの為にシャッターの無いバレルレンズ。

そこで以前から各種サイズを収集していたソルントンシャッターを使う事で

 

長岡さんに相談を持ち込む。

普通ソルントンはレンズの前に付けるのだが広角レンズなのでシャッターの前に凹みボードを

 

付けてそれを本体に付ける事に。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album