ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夜桜 | main | 鯉のぼり >>
2007.04.03 Tuesday

都をどり

都をどり
今年は未だ京都へ行けないので去年の写真を探す。
3日間居て最終日だけ晴天だった。
この間30年前の修行先へ挨拶に行ったり、あちこち旧交を温めていた。
考えて見ると結構多岐に渡る付き合いをしていた。
西陣の呉服職人さん達や近所の食堂の人達。北野公設市場や様々な街の人達に
支えられて修行していた。
薄給ながら毎日飲み歩いて(ご馳走になりながら)いた。
修行に行った時には未だ市電が一部走っていて風情があった。
毎日バイクで職人さん達の所に行くのも日課であった。
見よう見真似で時計の修理や宝飾品の加工を覚えていた。

「都をどり」とは
祇園甲部の舞妓・芸妓の舞踊公演。
明治2年の東京遷都で衰退した京都の繁栄策として、 明治5年開催の京都博覧会の
余興に企画されたのが始まり。
新趣向が好評を博して年中行事となり今や京の代表的な催し。



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album