ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 昭和が無くなる | main | サクラサク >>
2015.03.13 Friday

権平 太一個展「玉手箱の声」

JUGEMテーマ:アート・デザイン
権平さんの個展会場にて

中野の冬青社にて我らが8X10仲間 権平 太一さんの個展が開催されています。

 〒164-0011 東京都中野区中央5-18-20

道が判りづらいので事前に道順を調べてから行かれる事をお勧めします。
私もここ最近になりようやく間違えないで行く事が出来るようになりました。

会期:2015年3月6日(金)〜3月28日(土)11:00〜19:00
日曜・月曜・祝日 休廊

会期中水曜日は午後9時まで会場が開いています。

雁皮紙に丹念にプラチナプリントされた最高水準のプリントを是非ご覧になって下さい。

3月27日(金)19:00〜作家を囲んでクロージングパーティーが開催されます。
是非ご参加ください。


人には人生を変えてしまうような出会いが有る。
オーストリアの作家ツヴァイクは、偶然の巡り会いからロマン・ロランの小説
『ジャン・クリストフ』と出会う。
ツヴァイクは小説に引き込まれた・・・
 ロマン・ロランとはその後の人生の最良の友となった。

芸術家には、ひらめきをつかみ、美を創造する瞬間が有る。
 同様に歴史にも決定的な時がある。それをツヴァイクは『人類の星の時間』
と呼んだ。

 星の瞬きのように鋭い光を放つ歴史が動く瞬間だ。
またツヴァイクは『すべての危機は 創造する人間にとっては運命の贈り物である』
大きな運命的瞬間「尻込みする者」を押し返し「大胆な者」に手を差し延べるという。
                                   
                                                    権平 太一

略歴

1956 東京都立川市出身
1971 登山を始め風景写真と出あう
1977 大学卒業後カラーラボ、イーストウェストに就職
1979 8x10 インチカメラでランドスケープの撮影を開始する
2004 ゼラチンシルバーからプラチナプリントに転向
2006 保存性と再現性に優れる雁皮紙に依るプラチナプリントに傾倒
2008 日本女性と伝統文化の撮影を開始する
2013 8x10インチカメラに加え16x20インチカメラで撮影を開始する

主な展示
2010.10月 元麻布ギャラリーTokyo 8x10 グループ展
2011.10月 元麻布ギャラリーTokyo 8x10 グループ展
2012.10月 元麻布ギャラリーTokyo 8x10 グループ展
2013-.9月 目黒区民ギャラリーTokyo 8x10 グループ展
2014-.9月 目黒区民ギャラリーTokyo 8x10 グループ展

2014. 3月-5月    バルセロナ GaleriaValid Foto, スペイン (Ukiyo-E)
2013.11月-2014.1月 サンフランシスコ Rayko photo Center, 合同展 アメリカ (Ukiyo-E)
2014. 3月-5月    バルセロナ GaleriaValid Foto, スペイン (Ukiyo-E)
2014. 4月      Art Libris Barcelona International Fair of Contemporary Editions スペイン
2014. 9月-10月    BredaPhoto International photo festival, オランダ

(株)冬青社  〒164-0011 東京都中野区中央5-18-20 
tel.03-3380-7123  fax.03-3380-7121  e-mail:gallery@tosei-sha.jp

http://www.tosei-sha.jp/

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album