ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Summarit 50mm f1.5 | main | 計画進行中の機材 >>
2013.12.01 Sunday

デジタル大判プリント

JUGEMテーマ:日記・一般

デジタルカメラで大判のプリントってかなり前からやっている。
当時はお店に頼むと言う感覚が無くて大きなプリンターで出せば良いやと言う安易な考え。

大きなプリンターって現物を見る機会が無く、注文してからその大きさに驚いた。
外箱が軽自動車位あった。

4tの長いトラックに人員が6人で荷降ろしから始まった。
箱から出すと大型の冷蔵庫位の箱が出て来た。

その箱の中からアップライトピアノのようなプリンターが出て来た。
それを組み立てて設置するのに2人掛りで半日掛った。

それが今使っているPX-9000だ。
当初はWin-XP、その後imacでプリントしている。

当時は単年度契約の保守だった。
毎日使う物では無いが電源は常にon状態に。

当初3年くらいは毎年秋になると不具合がありメンテに来てもらっていた。
デジタルカメラは画素数が大きければ良いと言う訳ではなく極端に小さくなければかなり伸びる。

35mmフィルムをスキャナーで読んだり、4X5を読み込む事もある。
当初はフラットベットだったがimaconを使ったら全然別物である事に気が付く。

今はメンテナンスの延長契約も無く次の買い替えを余儀なくされている状態。
使い倒してからの買い替えと思っている。

確かに新しい方が良いだろうが非生産部門で生産性が低い部分にお金は使えない。
と、経営者は考える。

もう少し仕事に活きる使い方を考えれば良いのだろうが。
それは経営者の仕事だ。



 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album