ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ホラの木を植え大風呂敷を広げよう | main | iphoneと言う電子計算機 >>
2012.11.29 Thursday

プリントは面白い

JUGEMテーマ:日記・一般

高校の頃はRC印画紙が無かった。
月光Vと言う青い箱の印画紙か緑の富士の印画紙がメインだった。

富士の印画紙は腰が無くて薄くて使い難かった。
月光は比較的安価で高校生の財布にも優しく常用だった。

その時代から30年以上写真から遠ざかり、7年前の2005年8月から2BWSに通った。
そこでマルチグレード?????、RC(レジンコート)印画紙?????、

印画紙現像機?????。
と言う状況。

高校の部室はエアコンの無い状況で液温管理が大変だった。
浮きバットにしておいて夏が氷、冬はお湯と通年暗室を使っていた。

自宅でも物置で暗室をしていたがあの頃の記憶が断片的に思い出される。
バットに竹ピンセット、酢酸の鼻を突く臭い。

暗室親子電球やロータリー水洗機(芋洗機のような構造で実際は印画紙が傷になるだけ)、
ドラムロールの印画紙乾燥機。

ベタ焼きもバライタでフェロ掛けしていた。
印画紙は月光V。

作っていたのは三菱製紙だ。



コメント
JOBO 3005タンクは筒状(卒業証書入れの筒みたいな穴)にフィルムを乳剤面を中に
して入れます。背面に傷が付く事等は考えずにバンバンやっています。
撮影する量も半端じゃ無い事もありますので。
  • Tarning
  • 2012.11.30 Friday 09:16
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012.11.30 Friday 04:24
コメントする








 
Powered by
30days Album