ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 作って3年だがクラシック | main | 渋谷区渋谷4丁目5番5号 >>
2012.09.09 Sunday

ハンディ8X10カメラを持って出かけよう

JUGEMテーマ:日記・一般
ハンディ8X10カメラを持って出かけたら

2009-07 出来たばかりのHANDY 8X10 CAMERAを持って出かけた。
PROTARレンズはオーストラリアから郵便で届いた。

それまでに大体の構造を長岡さんと色々考えて材料を選んだ。
1号機の重さには参ったので今度は持ち運べる重さになるように材料を吟味してもらう。

木製の大判のカメラを注文するのは舟主が舟大工に舟を注文するのに近いと思う。
使用目的、形、意匠を決めエンジン(この場合はレンズ)伝動機(この場合はシャッターかな?)を決め
舟主がエンジンと伝動機を調達して来るような物だろうか。

レーダー(露出計)舫い綱(ストラップ)と言う感じだと思う。
木製カメラは家とも違いやはり舟に近い感覚で注文すると良いだろう。

安価で求めた中古の木製カメラを改修するのも面白いが、ゼロから考えて形にする方が遥かに
想像力をかき立てる。

そう言う意味では2号機が完成度が高いと思う。
HANDYと言う今までありそうで余り聞かないカメラで街を撮り歩く事が楽しい。

最近原点回帰で三脚を立てて撮る事が多くなったが、HANDYで撮す時は心が縛られない状態で
テンションも上がるようだ。1回の撮影でどんどん撮ってしまう。

1番多い時で1日に60枚近く撮した事があり、現像の処理に楽しく苦しんだ。
JOBO3005タンクがフル回転した事は当たり前だ。

早朝と夜にタンク2本づつ回した。
現像が進むと再びフィルムを装填し撮影に出向いてしまう。

そんな2009年だった。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album