ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 双つのFUJINON | main | 双つのWide Field Ektar >>
2012.06.20 Wednesday

双つのCOMMERCIAL EKTAR

JUGEMテーマ:日記・一般

双つのCOMMERCIAL EKTAR


双つのCOMMERCIAL EKTAR

現代レンズでは無い普通のレンズ。
コーティング技術が普及する以前の硝子。

コメント
コダックがどの時点で当時の新ガラス・ランタンガラスをテッサータイプに用いたかは不明ですが、f4,5のアナスチグマート自体は古いですね。エクター類は、コダックでのシート・ポジフイルムの発達と伴に、独逸オリジナルtessarと違ったアメリカ独自の「色」を意識させられます。アメリカ5-60年代の写真雑誌ではf4,5のエクターの方が目立つ気がしますが、発売当時のf6,3という「明るさ」はどのような用途だったのか・・・。明るいレンズ不要の、スタジオ撮影での高性能を狙ったのでしょうか。
  • treizieme ordre
  • 2012.06.20 Wednesday 14:46
コメントする








 
Powered by
30days Album