ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8X10現像 夜明けが来たようだ | main | 全てはココから >>
2012.05.16 Wednesday

8X10フィルム 現像元年 

JUGEMテーマ:日記・一般
JOBO 3005タンクとタンクを開ける専用ポンプ

コンスタントに8X10フィルムを現像することが出来れば、財布を気にすること無く撮影を進める事が出来る。
その前にフィルムを調達することが先決だが。

当初はT-max、Tri-Xを50枚入の箱で買っていた。
現像もプリントもプロラボのお世話になっていた。

ハンディを作り撮影枚数を重ねる前から海外から個人輸入でフィルムの調達を開始した。
安価なフィルムだったのでラボに出すのもはばかられる。

そんな時にJOBOのタンクの話を聞いた。
それがあれば自家現像が可能だと言うことだった。

後から聞いたらそれは印賀紙用のタンクだったが、量販店に行った時に目にしたのは3005の方だった。
1本10万円近い値段だ。

とっても買えないと思っていたらひょんな事から2本手に入ったそれも専用のポンプ付きで。
そこから8X10フィルム現像の格闘が始まる。
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album