ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サイアノプリント熱中時代 | main | Dev Chart >>
2012.04.27 Friday

紫外線露光機1号

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:日記・一般紫外線露光機1号

数年間作らなきゃと考えていた紫外線露光機。
思い立ったが吉日で材料を揃え作ることに。

どのような蛍光灯が良いのか8X10仲間の田村写真さんに聞いてみた。
ブラックライトの蛍光灯が良いとの事。

問題はどの位の大きさの装置にするかと言うこと。
11X14サイズの密着焼きを予定しているので、16X20の焼き枠まで乗るようにしたい。

枠の大きさから割り出すと30Wサイズの長さが必要に。
何本の蛍光灯を用意するのかだが、器具の幅が55mm+余裕を考え8灯が妥当だ。

ブラックライトと蛍光灯器具を注文する。
それが届いた段階で並べてみてから箱の大きさを割り出す事に。

外寸で60cmX70cmになる。
問題は箱の厚みなのだ。

同じ箱で上に焼き枠を乗せる方法と箱を被せる方法があり、両方出来たら嬉しい。
そのような理想に近い箱を作ることに。

ホームセンターに行ってみた。
様々な木材の中からベニヤ板では重いので松の集成材を選ぶ事に。

底板は1枚板では高いので2枚を張り合わせる事に。
箱の高さは15cmの板材が良さそうだ。

それぞれを切り合わせるように手配。
木工ボンドと金属の帯と木ネジと電線と粘着アルミ箔を買う。

箱を作ってから粘着アルミ箔を貼る。
箱の内部はピカピカだ。

その次に器具と器具を電線で結ぶ。
事前にテスト点灯を済ませてから箱の内部に固定。



コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album