ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大判カメラのピントグラス | main | ディアドルフと忘れられていたレンズ >>
2012.02.28 Tuesday

バレルレンズのテスト開始

JUGEMテーマ:日記・一般
テスト中

ディアドルフボード→ジナーボードの変換ボードが完成した。
ディアドルフは個体差があり開口部の金具の位置とか色々な問題があり、素直に一回で完成とは行かない。

今回も複数枚のボードを借りて合うボードを選んだ。
組み上がった変換ボードをSinarシャッターと組み合わせる時も金具との相性もあるようだ。

変換ボードとシャッターの組み合わせが出来ても、今度はカメラ本体との接合にも擦り合わせが必要。
結局カメラ本体を持ち込み調整をお願いする。

最終調整でシャッター部の出っ張り部分を削って貰う。
元々一個作りを得意とする長岡さんだから面倒くさがらずに作業が進む。

都内の近場だからこちらも助かる。

手持ちのレンズのボードはディアドルフボード、ジナーボード、リンホフボードと多岐に渡るので
ここらで準拠出来る転換が必要だ。

口径が小さければリンホフを中心にした方が持ち運びが楽だと気がついた。
ジナーではレンズを収納するの市販されているポーチが無い。

巾着では色々と問題が出そうだ。
ここいらでレンズの整理をしなくては。


コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album