ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8×10ハンディカメラを作った その4 | main | 権現堂堤2011 >>
2011.04.10 Sunday

8×10ハンディカメラを作った その5

JUGEMテーマ:日記・一般
1号機のその後

最初に作った1号機は重すぎたのと機構が複雑すぎたので、シンプルな機構に改良を加えた。
その後NIKKOR の描写に満足出来なくなり、2号機で味をしめたプロターレンズがもう一本手に入った
ので今度はSinarシャッターで作る事に。
Sinarシャッターは専用の長いレリーズでシャッターを切るのが基本なのだが取り回しし難いので
直接シャッターが切れないものか考案。
直接ロッドを差しこんでも切れる事が判明したので直接シャッターを切る構造に。

それでも2号機の軽快さには敵わない。
より使い易いのはペーパーファイバー製の2011年モデルまでお預けなのだ。

カメラを作ってばかりで作品を作っていないと思われるかも知れませんが、2009年には1000枚を
越す撮影を行い100枚程度のプリント。2010年には8×10で600枚、11×14での撮影も開始。

11×14はJOBOの印画紙用のタンクを改良してフィルム現像を行っています。
これも中々安定していないので最初はテストを十分重ねています。

大判ばかりかと思われていますが35mmも中判も実は使っています。
35mmのライカマウントレンズでの撮影も行います。

レンズも色々出来て来ましたので撮影をしなくては。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album