ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ポートフォリオレビュー | main | オープンポートフォリオレビューが終わった >>
2011.01.17 Monday

写真映画部

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:ファッション
横浜赤レンガ倉庫1号館

写真の基礎は高校の時に入部した写真映画部で学んだ。
中学高校と付属の併設校だったので人数も多く50人位いた。

高一の時の二年先輩に昨年37年ぶりにCP+のお苗場であった兼本先輩がいた。
写真は体力だと言う持論で入部早々体力作りのランニングから。

東中野から哲学堂まで毎週のようにランニング。
ある時はやっぱり機材も運ばなきゃと言う事でランニングに大型三脚を担いだりしていた。

ランニングの後は部室の裏にあった公園で体操。
親には写真部なのに何でランニングなの?

と言われていたが元々虚弱で身体の小さかったのがお陰で体力の向上と体格も少しましに。
入部時には150cm位だった身長も170cm位に。

先輩はこの年になってもいつまで経っても先輩、写真の技術もアメリカのアートセンターで学ばれたので
筋金入りなのだ。

何やらこのブログもアメリカに居た時から気になり見られていて、「写真映画部」と言う言葉に反応し
欠かさず見られていたようだ。写真映画部と言う名前を使っているのは絶対に母校だろう。

と言う事でお苗場会場に来られた。
どっかで見た事のある顔が会場に現れ、何処かで聞いた声が聞こえて来た。

名前を名乗られたので一気にシンクロした。
それから色々とお話をしてアメリカに居た事と最近千葉に越して来た事を聞いた。

再会を約束し後日お会いする事の。
それから毎月2回位色々なお話を聞かせていただいている。

ディアドルフをお持ちだそうなので折角なら8×10組合にもお入りいただき、去年開催した
8×10カメラな仲間たち写真展にも参加してもらう事に。

先輩は私と再会した事で私の周りで色々な仲間と出会い一気に日本の8×10を含む仲間と交流が
始まったかも知れない。しかし散在させてしまったのも事実なのだ。

写真映画部の仲間たちはどうしているのだろうか、所在が分かっているのは数名だけだ。
皆さん連絡下さい。

年内にOB会やりましょう。
そのための連絡会をやりたいと思います。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album