ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シルバーソルトクラブ | main | エイトバイテン(8×10)に興味のある人はこの指に止まれ >>
2009.06.16 Tuesday

現像効率を考える

JUGEMテーマ:写真
パターソン8本タンク

今回のシルバーソルトクラブの写真展に出したのはオーケストラのゲネプロでの一駒。
LeicaにPXPとトライXを詰めて撮影に励んだ。

トライXは100ftと長尺を前の晩に巻いたモノ。
PXPは買い置きしていたモノ。

合計50本持ち込みほぼ使い尽くした。
キングのタンクは3本用が2本ある。

でも同じ条件での現像は難しい。
そこでB&Hでパターソンの8本タンクと5本タンクを買う。

注文したら中3日でNYから飛んできた。
作業効率は一気に上がった。

いつも撮影するときは多めに写す習慣がある。
4×5だって一回に30ホルダーは写してしまう。

30と言うと60枚。
Yankeeのタンクは1度に12枚。

段々タンクが増えてきて今や人に言えない位のタンク持ちだ。
そのウチに8×10のタンクも増えるのだろうか?

現像や暗室作業が好きなので問題無いが。
少なくとも8×10に関しては自家処理はベタまでにしないと。



コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album