ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.10.04 Sunday

IZA鎌倉

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:旅行
いざ鎌倉
45年前の1970年に兄と鎌倉近代美術館へムンク展を見に行った。
その鎌倉近代美術館が閉館するとの情報があり、久々に鎌倉へ行った。

街並みも当時とはかなり変化しているが美術館その物は少し歳をとって
居る位の懐かしい風情だ。

当時とほぼ同じ時間に出てみた。
あの時はカメラを持って行ったかは記憶に無い。

当時のフィルムが見当たらないので多分持たずに行ったと思う。
 
2008.10.09 Thursday

鎌倉を歩く

萩の花
JUGEMテーマ:地域/ローカル


この町にはかつて住んでいた。
建物の3階の窓から由比ガ浜のキラキラと輝く波間が見えていた。

町歩きもしばらく滞在していたら昔の勘が少し戻って来た。
あそこの路地を曲がるとこんな景色だった。

その先の垣根の向こうにはいつも猫がいたなあ。
その先には同級の女の子の家があって、夏は麦茶をご馳走になったなあ。

由比ガ浜の花火を建物の屋上から見ながらみんなでバーベキューをしていたなあ。
いかに安い材料を美味しく食べるために炭で強火の遠火で焼いたり、冬は鍋をしたり。

あの頃はお金も無かったけれど充実した毎日だった。
そんな事を思い出しながら撮影していると懐かしさが込み上げて来る。

鎌倉の町もこの30年で大きく変わった気がした。
観光客はその頃よりも多いような気がした。

Steinheil Auto-Quinaron+Canon New F-1



2008.07.04 Friday

あの夏を探しに

あの夏を探しに
JUGEMテーマ:地域/ローカル


あの夏の忘れ物を探しに

東京から列車に乗って思い出の地にやって来た。
この砂浜に立つとあの夏の忘れ物がありそうな気がして来た。

どこかから名前を呼ぶ声が、懐かしい友の声が聞こえて。
夢見心地のような気がする。

手には古いライカが。
どうやらあの夏の忘れ物を写しに来たのかも知れない。

あの時に見えなかった物が今なら見えそうな気がした。

2008.07.03 Thursday

若宮大路

トタン葺の家
JUGEMテーマ:地域/ローカル


梅雨の鎌倉を彷徨って歩くのも良いものだ。
湿度は100%近くあるだろう。

予報では雨だったが横須賀線で鎌倉に到着する頃には小降りに。
若宮大路 一の鳥居まで来たら空が明るくなって雨が途切れてきた。

これから材木座海岸まで歩き写真を写そうと思う。
この日のお供はバルナックライカ。

フィルムは自家巻きのトライX。
このフィルムで鎌倉の撮影はそれこそ高校以来かも。

懐かしさが込み上げて来るのと同時に若返る?気がするから不思議だ。
材木座の先のトンネルを抜けると小坪の漁港がある。

ここの地物の鯵の開きは最高に美味かった記憶が。
誰か食べさせてくれないかな?

Leica 2C+Summarit 5cm
TRI-X L-アスコルビン酸現像
imacon FlexTightにて読み込み
2008.07.02 Wednesday

由比ガ浜まで徒歩5分

板壁の家
JUGEMテーマ:地域/ローカル


かつて住んでいた家は窓から由比ガ浜が木立の間から見えた。
屋上に上がれば一望の下に見る事が出来た。

毎週末には同級生やクラブの仲間達がやって来ては天気が良ければ屋上でバーベキュー、
良くなければ部屋で鉄板焼き(実は同じ料理方法です)をやっていた。

屋外の開放的な空の下ではバーベキュー、屋内でちまちまやるには鉄板焼き。
と言う感じです。

ビールも冷やすのが間に合わないので、衣装ケースに水を入れ氷を放り込んで冷やし
ました。30人も来ると2ケースのビールもアッと言う間に無くなります。

Leica 2C+Summarit 5cm
TRI-X L-アスコルビン酸現像
imacon FlexTightにて読み込み
2008.07.01 Tuesday

タイムトラベル

錆びトタン
JUGEMテーマ:地域/ローカル


長谷の駅から裏通りを歩いているとトタンの赤錆びた壁が目に入った。
亜鉛メッキされているので何とか今まで耐えて来たのだろう。

恐らく50年近くなると思う。
30年以上前に前を通った時に既にこのような姿だった記憶がある。

まだ相当な年数このままの姿でいられるのだろうか。
潮風に晒されても強い風に当たる位置では無いのでこのような姿で存在出来るのだろう。

力餅の前を通りこの路地を通ると、この町に住んでいた時代に戻れる。
この道はタイムトラベル出来る道なのかも知れない。



2008.06.30 Monday

砂浜

名も知らぬ
JUGEMテーマ:地域/ローカル


海水浴シーズンでは無いので未踏の砂浜がある。
砂紋を歩くと気持ちの良い感触。

この海の向こうは外国なのだな〜と感傷にふける間もなく撮影になってしまう。
海水浴シーズンの前にまた行こう。

もう少し装備を整えて。
葉山の森戸&一色海岸を思い出した。

葉山には子供の頃一夏行っていた事があった。
当時は海も綺麗で磯にはウニがいた。

当然割って食べました。
そんな事を思い出しました。


2008.06.29 Sunday

陰影

板壁
JUGEMテーマ:地域/ローカル


昨日は素晴らしく黒の階調の整ったバライタプリントを見た。
黒のコントラストが潰れていない。

以前8×10で写した麻布十番の石畳もRCでは潰れていたが、バライタではきちんと石畳が
出ていて驚いた事がある。

それと同じ事だ。

Leica C+Summarit 5cm
TRI-X L-アスコルビン酸現像
imacon FlexTightにて読み込み

2008.06.28 Saturday

江ノ電は走るよ

江ノ電は走るよ
JUGEMテーマ:地域/ローカル


かつて住んでいた鎌倉市笹目は江ノ電の由比ガ浜駅から直ぐの所。
鎌倉駅からだと和田塚、由比ガ浜と2つ目。

窓から木立の間に海の見える部屋だった。
建物の屋上に部屋からガスを引いてバーベキューを毎週していた。

後半から一斗缶(いっとかん)の上を切り開き、下に風穴を開け炭を燃やして
直火の遠火で安い鳥を焼いていた。

これで焼くと不思議と美味しいのだ。
安い鳥が高級な鳥のような味になる。

勿論塩焼きに限る。


2008.06.27 Friday

海を見ていた午後

海を見ていた午後
JUGEMテーマ:地域/ローカル


毎朝早く起きて地引網を手伝っていた時期がある。
この地に住んでここから学校に通っていた。

そんな事を思い出しながら猛烈に懐かしさが込み上げて来た。
過ぎ去った時間は忘却なのだろうか。

海はあの時と大きな変化は無い。
何時間でも海を見ている事が好きだ。

Leica C+Summarit 5cm
TRI-X L-アスコルビン酸現像
imacon FlexTightにて読み込み
Powered by
30days Album