ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.02.12 Monday

アントニン・レーモンドの遺構

JUGEMテーマ:地域/ローカル

高崎で市場調査をしていました。

高崎といえばフランクロイド ライトの弟子のアントニン レーモンドと交流のあった

 

井上 房一郎。房一郎は後輩の祖父、高崎にある音楽堂の設計はレーモンド、消失した

住まいを西麻布の笄(こうがい)町 にあったレーモンドの家を真似して作りたいと

 

言ったところ、無条件で図面を渡してくれ、家の向きを笄町と反対にして作り、庭は

房一郎の自らの手による日本庭園に造作。レーモンドの庭はプールと藤棚。井上 房一郎の

 

会社は高崎に本拠を置く井上工業(2008年破産)という土木会社 この会社で働いていた

社員が後の内閣総理大臣 田中 角栄 。

 

レーモンドと戦前から交流のあった井上 房一郎が音楽堂の工事を行った事。

音楽堂の中に詳しい資料室があり当時の様子が窺い知れます。

 

建築工法も最先端で頑強な工法。コンパネの無い時代カーブのある部分はベニヤ板にて

カーブの整った型板を作り地肌が見事。それ以外は杉板の型枠を巧みに多用していて見事。

 

鉄筋も丸鉄筋では無く当時最先端の筋鉄筋を使っています。レーモンドの秘書兼通訳は時々、

六本木の市兵衛町ギャラリーに来るゴダイさんだと言うこと。

 

私の実家のマンションの工事は井上工業だと言うこと。

偶然の重なりが見事過ぎて驚きが隠せません。

 

現存するレーモンド設計事務所は今の暗室207から参宮橋にあるお気に入りのカレー店

キュマン の丁度中間の小田急の線路沿いにあります。

Powered by
30days Album