ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2019.02.14 Thursday

桟橋の点検

JUGEMテーマ:スポーツ

ハーバーの桟橋も部分補修中ではある。

浮き桟橋の所々に金属製の橋がある。

 

この部分は水道もフレキシブルなパイプになっている。

経年変化や急な気象の変化で壊れる事もあるので時々点検が必要。

 

 

2019.02.11 Monday

1号桟橋異常無し

JUGEMテーマ:スポーツ

一昨年の台風の増水で桟橋を支えている柱の帽子の部分まで桟橋が上がった。

三角帽子の所で止まったのは良かったのだが帽子が曲がったままで補修依頼

 

をしてもらうように管理者に言っても聞いてくれず、ならば巨大なマイナスドライバー

と木槌でゆるめて叩いて直してしまった。

 

まだ全部の桟橋は直していないので今年の台風の前には全部やらないと。

 

2019.01.27 Sunday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:地域/ローカル

DSC02402.jpg

桟橋のダウンライト。

帰りしなこれを見ていると心が落ち着く。

 

昼間と夜ではその存在そのものが違う。

昼間はこの下に水道の蛇口がある。

 

夜は心を温めてくれるライトになる。

 

2019.01.26 Saturday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:地域/ローカル

DSC02384.jpg

船を桟橋に止めて何かを食べるのもヨットの楽しみの一つ。

陸置き艇の方やレース艇の方は掃除をしてそのまま帰られる方も多い。

 

こちらはクルージングから帰って来てから後片ずけの後にクールダウンが楽しみでもある。

 

2019.01.23 Wednesday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC01492.jpg

SS-1からはバックで港の入り口まで行き湾内で船首を入り口に向け出港。

港内から外部の海は小さな船は見えないので最徐行でゆっくり注意して出発。

 

しばらく沖合の海面までエンジンで向かってからセイルを出します。

適度に風があるといい具合にセイルが膨らみますが、風が微風では膨らみません。

 

去年油壺に向かった時にはイルカが並走しました。

 

2019.01.22 Tuesday

2019ヨット事始め

DSC01529.jpg

 

JUGEMテーマ:写真

 

時には三脚を使わない巨大な11X14カメラと持ち込んで撮影をする。

ネガが大きすぎて引き伸ばしが出来ないので密着焼きでプリントをする。

 

 

2019.01.21 Monday

2019ヨット事始め

DSC00260.jpg

浮き桟橋の柱 ポンツーンの三角帽子を昨年直した。

簡単な作業なのにしかも神奈川県からの預かり物なのに修繕しないのは管理者として情けない。

 

ならば自分で直せば腹も立たない。

巨大なマイナスドライバーと小槌で治ってしまう。

 

1つ成功すると次から次へと1号桟橋は全て行った。

昨年断水した時もペットボトルで漏斗を作りバケツで上水のバケツリレーでタンクに水を入れる。

 

様々な知恵が浮かんで来るので実現するまでだ。

2019.01.20 Sunday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC00205.jpg

プリンセスベイ靴料トは独特の形状で桟橋からは姿が見えない。
そこでテンダーと言う小型のボートで船尾に回って見ることに。
やはり予想通りの船型で中々に格好が良い。
毎年2月に上架と言う陸上に上げ船底の点検と塗装に2日間を費やす作業がある。
今年は昨年中途半端にやり残したセイルドライブシャフトの付け根のブーツのゴムパッキンをしっかり
付け直すのが今年のミッション。
飛び道具ならぬ秘密兵器の出番。
材料は揃ったが肝心の工具がまだ来ない。
2019.01.19 Saturday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

 

DSC00172.jpg

停泊係留中のヨット。

風でロープがマストに当たる音で大体の風速が判ります。

 

コンコンと甲高い音の時は風速10m超えの時が大きく、13mを越すと江ノ島からは出港禁止になります。

吹き流しや館内放送でも流れますが、コンコンの音で大体わかります。

 

そう言う時には水道の補給と陸電の接続でヨットライフの始まりです。

台風が来ていても土曜日にはいつも来ている事が多く、年間50日くらいは江ノ島に朝から晩まで。

 

潮風を浴びていると風邪も引かなくなるのは事実です。

ただし日焼けはほぼ1年中なので日焼け止めを塗っても色濃くなります。

 

これから4月のノルウェーカップに向かって練習が間もなく始まります。

 

2019.01.18 Friday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC00218.jpg

プリンセスベイ靴侶故瓜袈兇錬厩羯袈兇SS-1。

湾内の一番奥と言うか手前。

 

以前からハーバーに来られていた方には海賊船がいた場所と言った方がわかりやすいと思います。

厳正なる抽選の結果177倍で当ったそうです。

 

1号桟橋の門番的な位置付けになり、前を通る方には自然と黙礼をしちゃいます。

 

 

 

Powered by
30days Album