ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.03.11 Monday

SS-01より

JUGEMテーマ:地域/ローカル

古いデジカメを使う事が多い。

最新型のはここ数年買っていない。

 

古いのだって完璧に使いこなせないのだから。

逆に古いレンズの大判カメラはレンズにシャッターを付けたり、箱を作ったりと基本構造が

 

同じ物は直したり作ったり。

大判は基本広角レンズが多く日中シンクロで閃光球を使う事が多い。

 

製造されてから100年以上前のレンズは自然光で撮影する事が主で、フラッシュを使う事は

日常無かった。

 

そんな古いレンズをレンズシャッターに載せ換えて使えるように現在進行形。

 

2019.02.17 Sunday

夕闇の江ノ島

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 

ハーバーから対岸の腰越を臨む。

日の落ちる瞬間静かなひと時が良い。

 

2019.02.16 Saturday

enosima

JUGEMテーマ:スポーツ

船台の下は4輪の車の物と船体後方2輪の物が。

後方2輪だと船の重さで前方が押えられるので良いかとも思うがどちらが

 

良いのかはわからない。

 

2019.02.15 Friday

enosima

JUGEMテーマ:スポーツ

ハーバーのヨット陸置き場。

海上係留とはまた違う趣。

 

桟橋に舫いで置くのとは違い地上に打ち込んだアンカーにロープで

強力に留めてある。ヨットの下の船台はそれぞれの船専用に作られた

 

物で車が付いていて専用のリフト車で上架用のクレーンで海面まで下ろす

クルージングから帰って来たら船台を運んで来てから、再びクレーンで船台へ

 

リフト車で元の位置へ留める。船体を水で綺麗にするのとエンジンの冷却水の

洗浄やセイルの収納で結構大変だ。しかも地上から4m以上の高さに甲板がある。

 

 

2019.02.14 Thursday

桟橋の点検

JUGEMテーマ:スポーツ

ハーバーの桟橋も部分補修中ではある。

浮き桟橋の所々に金属製の橋がある。

 

この部分は水道もフレキシブルなパイプになっている。

経年変化や急な気象の変化で壊れる事もあるので時々点検が必要。

 

 

2019.02.11 Monday

1号桟橋異常無し

JUGEMテーマ:スポーツ

一昨年の台風の増水で桟橋を支えている柱の帽子の部分まで桟橋が上がった。

三角帽子の所で止まったのは良かったのだが帽子が曲がったままで補修依頼

 

をしてもらうように管理者に言っても聞いてくれず、ならば巨大なマイナスドライバー

と木槌でゆるめて叩いて直してしまった。

 

まだ全部の桟橋は直していないので今年の台風の前には全部やらないと。

 

2019.01.27 Sunday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:地域/ローカル

DSC02402.jpg

桟橋のダウンライト。

帰りしなこれを見ていると心が落ち着く。

 

昼間と夜ではその存在そのものが違う。

昼間はこの下に水道の蛇口がある。

 

夜は心を温めてくれるライトになる。

 

2019.01.26 Saturday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:地域/ローカル

DSC02384.jpg

船を桟橋に止めて何かを食べるのもヨットの楽しみの一つ。

陸置き艇の方やレース艇の方は掃除をしてそのまま帰られる方も多い。

 

こちらはクルージングから帰って来てから後片ずけの後にクールダウンが楽しみでもある。

 

2019.01.23 Wednesday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC01492.jpg

SS-1からはバックで港の入り口まで行き湾内で船首を入り口に向け出港。

港内から外部の海は小さな船は見えないので最徐行でゆっくり注意して出発。

 

しばらく沖合の海面までエンジンで向かってからセイルを出します。

適度に風があるといい具合にセイルが膨らみますが、風が微風では膨らみません。

 

去年油壺に向かった時にはイルカが並走しました。

 

2019.01.22 Tuesday

2019ヨット事始め

DSC01529.jpg

 

JUGEMテーマ:写真

 

時には三脚を使わない巨大な11X14カメラと持ち込んで撮影をする。

ネガが大きすぎて引き伸ばしが出来ないので密着焼きでプリントをする。

 

 

Powered by
30days Album