ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.03.03 Sunday

8X10カメラの開発

JUGEMテーマ:写真

8X10カメラの仮縫い.jpg

様々な部品の組み合わせで木製大判カメラは作られる。

既存の部品の場合もあれば、新しい基軸で工夫された物の場合もある。

 

新しい工夫が見出されれば次回からレギュラーになるかも知れない。

陳腐な考案だったら次回には見向きもされない事も多い。

 

出来るだけ使いやすく軽くがここ数年の基軸。

余分な部分の木材は削られ事によっては省かれる。

 

金属部品も余分な金具は省かれどんどんシンプルに。

2019.03.02 Saturday

特殊工作

JUGEMテーマ:写真

特殊工作員.jpg

8X10カメラのボディにアタッチメントでレンズの付け替えは出来ない物か?

フィールドカメラでは重くて持ち運びに不便を感じる。

 

そこで何とか出来ない物か知恵を絞り長岡さんに相談。

 

2019.02.09 Saturday

忘却の45年

JUGEMテーマ:写真

I7ZTAFSRRjWJa0BVk9DD2A.jpg

45年前のハスキー三脚と新しい8X10カメラ。

このカメラを製作したのは北上野に現存する長岡製作所。

 

創業1911年、ニコンの創業が1917年だからもっと古い。

商業写真館用の機材がメインで各サイズのソルントンシャッターをOEM(相手先仕様)で

 

毎月各サイズ500個以上作ってリヤカーで納品していたそうだ。

そんな歴史を聞いているがいつかまとめたいとは思っている。

 

 

2019.02.07 Thursday

8X10撮影始動開始

JUGEMテーマ:写真

古い不正確な修理も難しいシャッターからレンズを修理が可能な現代シャッター(と言っても

もう作っていないが)に載せ替えをお願いした。以前ならこんな事もアメリカに出していたが

 

最近では写真仲間が工房を開きやってくれる。

海外に出す費用の半分以下で出来るようになった。

 

 

2019.02.06 Wednesday

大きなカメラは道具も大きい

JUGEMテーマ:写真

8X10はフィルムの大きさが8インチ(20.32センチX25.4センチ)

冠布(かんぷ)は余り大きなものは好きじゃ無いので小ぶりなのを使っているが

 

カメラとの接合には大きな洗濯鋏を探してきて使っている。

木工工芸品で有名なリトアニア製のが具合が良い。

 

こんなのも拘りなのかも。

 

2018.11.11 Sunday

8X10カメラの開発

JUGEMテーマ:写真

重い8X10カメラからの解放を望むなら、新たに開発する以外に方向性は

無い事に気が付いた。そこで各カメラの良い所取りで作ったら良いカモ。

 

 

2018.11.09 Friday

8X10カメラの三脚雲台

JUGEMテーマ:写真

DEARDROFFには、これ位の三脚雲台だと安心。

ただし三脚と一緒だとこれだけで6KGは超えてしまう。

 

だから室内使用だけに留まってしまいます。

屋外に持ち出すならカメラ重量が半分位でないとこちらが行路病で倒れてしまいます。

 

他にもレンズとフィルムホルダーがあるので様々な工夫をしないと。

 

2018.08.01 Wednesday

単純明快な8X10フィールドカメラ

JUGEMテーマ:写真

1号機は押え箸のような残念な色なので後で塗り直し。

取りあえずお披露目と言う事で写真展会場に持って行った。

 

2017年9月の写真展会場にて。

 

2018.07.31 Tuesday

単純明快な8X10フィールドカメラ

JUGEMテーマ:写真

最終的に5台程度の限定でなおかつ、希望の色の仕上げとする。

取っ手は愛嬌を持たせるために犬の首輪。

 

フォーカシングスクリーン側にはアクリルの脱着式カバーで保護の役目を取り入れた。

重量は3Kgを切る軽さ。

 

2段式で希望があれば120mmまで短いレンズが付く。

遠景で接写をしなければ400mm程度までは付く。

 

東京8X10組合連合会のオリジナルカメラだ。

これを機に8X10を始める人が一人でも増えれば。

 

 

2018.07.30 Monday

単純明快な8X10フィールドカメラ

JUGEMテーマ:写真

主要な部品は同じ規格だが機構を変えてほとんど使わないバックスイング無し。

レンズ位置の付け替えで構造は簡単に。機構が単純になったので軽くなった。

 

 

Powered by
30days Album