ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.10.03 Saturday

8X10生活

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
8X10フィルムと写真展図録
8X10と言う大きなフィルム(写真展の図録の大きさ)を使い様々な作品を作っています。
年間でおよそ300枚〜1,000枚のフィルムを使います。

2007年から撮っていますのでフィルムの高さが結構になります。
今はKodakが多くなりましたが以前は消費量が半端無かったのでARISTAと言うアメリカで販売されている

安価なフィルムを1度に250枚位を個人輸入していました。
毎日10枚位使っていた時期もありました。

時に毎日朝晩と現像していた時期があります。
初期はKodakで50枚入り(25枚X2)、ARISTAは50枚入りで、一度に全部フィルムホルダーに入れて

しまいます。フィルムホルダーは1枚で裏表に入ります。
そのホルダーを5枚づつ袋に入れて持ち歩いていました。

遠路の場合は10枚のホルダーです。
三脚を使わない撮影方法を確立したので撮影枚数も飛躍的に増えました。

JOBOの現像タンクもフル回転で動かします。
1度の現像に5枚のフィルム現像が出来ます。

10枚撮影すると2本のタンクが必要です。
タンク内部が完全に乾燥しないと次の現像が出来ません。

ですから常時4本のタンクを準備します。
 
2015.07.19 Sunday

8X10カメラの仮縫い

JUGEMテーマ:写真
8X10カメラの仮縫い
昔に近いホゾをお願いした。
この方が丈夫なのは確かだ。

細部の仕上げが未だなので多少荒っぽい部分は確かにある。
10年前と今とでは環境も違うので目をつぶらなくてはいけない部分もある。

 
2015.07.18 Saturday

8X10カメラの仮縫い

JUGEMテーマ:写真
8X10カメラの仮縫い
カメラは注文して作る物だと感じたのは2006年位から。
色や機構を色々と受けて作ってくれる長岡さんとの出会いが大きい。

当時はまだ数社が木製カメラを作っていた。
船頭さんが船大工に船を注文するような物と同じような物だ。

ホゾ組も昔の木製カメラを彷彿させる。
出来るだけ簡単な機構で作った。

 
2015.07.17 Friday

8X10カメラの仮縫い

JUGEMテーマ:写真
8X10カメラの仮縫い
蛇腹を貼る前の段階でカメラの仮縫い中。
今回のは木地の色がそのまま出るクリア仕上げとした。

これだと手垢が付かなく印象も軽くなる。
ここをこうしろああしろと言いたい事を形にしてしまう。

基本形はあるにはあるが一般的な注文品とは仕上げが全然異なる。
今回はバックスイング機構を外した。

レンズは100mm位から480mm位を想定した。
 
2015.07.15 Wednesday

地元の写真

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:地域/ローカル
辰巳新道
写真展には地元の写真がいつも無い。そこで子供の頃からの遊び場だった辰巳新道。
同級生の子の家がココの角だったので二階の部屋でままごとの延長。

一部残っている店もあったりして懐かしい。
2015-05

Handy 8X10 Camera Protar V
2015.07.14 Tuesday

8X10でGO!

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
撮影準備OK
Powered by
30days Album