ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.11.27 Sunday

消え行く暗室用品

JUGEMテーマ:写真

KING現像タンク

暗室の用品は薬品以外では消え行く物が多い。

KINGの現像タンクも見つけたら即買うようにしている。

 

基本的に壊れる部位が少ないので長く使える。

薬品の量がステンレスタンクと比べる多いが液温の管理には適している。

 

 

2016.09.25 Sunday

暗室の備品

JUGEMテーマ:写真

暗室の備品

暗室の備品。

8X10フィルムの感想には普通の分銅付きクリップは使えない。

 

フィルムの余白の淵が3〜4mm程度しか無いのでベビークリップと呼ばれる特殊な小型のクリップが

必要だ。以前は12個入りで1,200円位だったのが、最近では更に使い辛くなり4,500円もする。

 

必需品なので切らさないように新旧取り混ぜて購入している。

8X10のホルダーも最近新品を見なくなったが、これも何処かから出てきたら買うことにしている。

 

仲間に譲ったりして減るので新しい買い置きを下ろしていく。

これも一時期100枚くらいあったのが壊れたり光線引きが出たりで減ってきた。

 

消耗品なので出来たら新品を買いたいと思っている。

2016.06.07 Tuesday

暗室の遮光

JUGEMテーマ:写真
遮光
暗室のドアの遮光は散々悩んだ結果ドア枠にフェルトを貼る事で解決。
空気の流れも逆に収まり静かな暗室に。

窓側の遮光は暗幕と暗幕シートで何とかなりそうだがもう少し材料が
必要かも知れない。
2016.05.31 Tuesday

暗室求心力

JUGEMテーマ:写真
今や暗室を継続は愚か感材類の廃番や値上げで維持できないと言う人たちが多くなっている。
アナログからデジタルに機材変更しても最終的にプリントまで行うとパソコンやらソフトや

プリンターやインク等考えるとアナログの方が安かったと言う事も良く聞く。
私は両方とも良い所取りで良いと思う。

双方良さも面白さもあるならどちらか決められない。
古い物も新しい物も好きな困った性格なんだろう。

飛び抜けて古い物もあるし新しい物もある環境は面白い。
こうしてブログはPCだし、記録は鉛筆書きだし。

デジタルデータも便利なようで突然データが消失したりするので複数のバックアップを
している。アナログに関しては古いフィルムのビネガーシンドロームの物は色々工夫して

いるのだが中々打開策が無く暗中模索なのも事実。
特に酷いのがあります。

それも大事な記録なので困っています。
こうして古い物から新しい物まで幅広くなって来ています。

アナログに関しては出来る間はやろうと思います。
感材が無くなったら湿判と言う手もあるのでそれほどの危機感と言うのは無い。

きっと誰かが画期的な物を考えるだろう(と、思っている)
それは自分かもしれないしそうでないかもしれない。

 
2016.03.22 Tuesday

昨日まで合った空間

JUGEMテーマ:写真
三好さんの暗室
昨日までこの空間が両国にあった。
三好さんの事務所&暗室は来月には壊される。

建物全体を使った写真展が昨日まで行われていた。
理想的な空間を使った個展の会場。

19日付けの読売新聞に紹介されていた。

読売新聞記事
また一つ両国のランドマークが消える。
三好さんの新事務所は日本橋との事。

最終日に伺ってパチリと写してきた。

三好心さん
三好さんとアンソニースタイルのカメラ。
 
2013.11.28 Thursday

暗室の夢

JUGEMテーマ:日記・一般


暗室タイマー


大きな流しの付いた暗室をいつも夢見ている。
引き伸ばし器毎に個室になっていて扉を開くと巨大な流し台のある部屋が理想だ。

もちろん個人では運営は無理だ、何人かの仲間でシェアする事になるだろう。
数年前からそのような構想が浮かんでは消えている。

東京でオリンピックの開催が決まり、今まで見向きもされなかった工場跡の古い建物さえ
家賃がウナギ登り。

手ごろな物件を探さなくてはといつも思っている。
膨大に膨張する機材の置き場にも困っている。

デジタルの暗室も必要だしデジタルプリント室もと欲張りな構想。
ミーティングが出来るスペースも、コーヒーもビールも飲みたい。

印画紙水洗乾燥する場所も必要だ。
坪数50Tは必要だ。

振動さえなければ2Fでも可能だ。
そんなに都合の良い物件って無いよな。
2013.10.27 Sunday

写真浦島太郎

JUGEMテーマ:日記・一般

停止用のクエン酸を溶解しなきゃ。
忘れてた。

酢酸の臭いが苦手。
写真を再開した時にクエン酸を使えば臭いが無いと言う事を聞いて革命だと思った。

RCって言う夢のような印画紙もこの時に知った。
号数紙が無くなってマルチグレードと言うフィルターを使う手法になった事も。

言わば浦島太郎状態だったから生きた化石のような物だ。
写真用品売り場に行っても無いモノばかりだし。

そろそろ上質のバットを買わなきゃ。
安いのはやっぱりダメ。





 
2013.10.01 Tuesday

暗室での実験

JUGEMテーマ:日記・一般

最近では随分やらなくなったが暗室での実験で記憶があるのは速報での
短時間現像プラスプリント。

これはデジタルが無い時代の速報性に目を付けて文化祭の演目を写し
速攻で現像を行う。

フィルムを途中で切る方法もあるが、後々の記録のためには1本丸々
使う方が合理的だ。

フィルム現像も含め10分位でプリントすると驚かれる。
暗室がある学内のイベントでは効果がある。

特に先生方の受けは良くて運動部の各顧問にはプリントし直したカビネサイズが
喜ばれた(速報分と別にその日の夕方までにプリントする)

短時間でフィルム現像出来る方法を考案して色々やってみた。
フィルム現像液だけが特殊で、他は在来の技術だ。

フィルム乾燥は6カット毎にカットしドライヤーで乾かす。
プリントが終わったのは再度水洗、定着、水洗してから乾燥保存。

プリントした印画紙は水洗も程々に生のまま掲示板に。
ポタポタ垂れる位の方が面白い。

枚数は必要無くても速報は重要だ。



 
2013.09.15 Sunday

現代の暗室作業

JUGEMテーマ:日記・一般

酢酸臭と湿度の籠った懐かしい暗室からは程遠い。
引き伸ばし機はそれぞれ専用機。

35mmはフォコマート1c、4X5はラッキーの旧型と置き場所が無いので
置き換えている。

冬は恒温出来るが夏はエアコンで20度の制御はムリ。
なので5月の連休ぐらいから10月過ぎまでの印画紙暗室は開かない。

適温循環式の流しでも作れば可能だろうが小さな暗室ではムリだ。
ムリは長続き出来ない。

長く続ける事に意味がある。
サイアノのプリントに関しては銀塩程シビアでも無いのでこの時期は可能。

結果としてこれからサンマが出始めたら銀塩の時期と言う事に。
もう少し整備したいのと出来れば別の場所に作りたい。

暗室は夢と希望の塊だから。


 
2013.08.09 Friday

俺の暗室

JUGEMテーマ:日記・一般

2Bに行く前後、写真を再開する途中で大きなプリンターを買った。
当時はデジタルの60Dと言うデジタルカメラを手に入れて、出張の度にあちこち
撮り歩いていた。

それを大きくプリントしたら面白いんじゃ無いかと言う一言で買った。
色々面倒な事をしないと大きく伸びない事を何も考えずに。

プリントしたのを見るために大きな額縁式のパネルも作った。
何か所か鉄板を張ってそれに磁石で止める事も考え付いた。

季節的な写真を勝手に展示してみる。
デジカメだけじゃ面白く無いので35mmネガをFlextightで読み込みプリントも
してみた。

初めての個展の時にはそのプリントと8X10の密着プリントを同時展示と言う愚挙。
PX-9000も製造打ち切りから数年経過し入れ替えの時期が到来。

本来、仕事で使うものではなく経費は出ない。
もう少し活用できれば考えなくも無い。

年間のメンテナンス代金も結構掛る。
外部にお願いしちゃうのも方法か。

暗室の維持も結構費用が掛るが写真の命の部分は無くせない。
手近な小屋でもあれば考えるのだが。

暗室とデジタル暗室を考えたい。
アナログはとことん。

デジタルも少し。
これを作るとみんなの集まる場所になる可能性がある。

それはそれで発展すれば良い事だ。
掛る経費はどうするのか。

手弁当だけでは続かない。
大きな流しのある快適な暗室と、居心地の良い多目的なスペース。
デジタル暗室やプラチナプリントやサイアノプリントが出来る場所。
フィルム現像の出来る場所も。

それと各人の機材を仕舞うスペースだ。
暗室の不特定多数へのレンタルはしない。

大きなスペースの必要は無いが小さなビルひとつ位の面積か。
数年間格安で使える所は無いかな?

そんな事を数年前から考えては流れての繰り返しだ。
その度に色々な仲間に声を掛けて迷惑を掛けている。

そろそろ本腰を入れないと。
いつまでもオオカミ少年では困る。
屋号は「俺の暗室」
って訳には行かないけど。
 
Powered by
30days Album