ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.03.18 Monday

江ノ島ヨットハーバー

JUGEMテーマ:スポーツ

2018-01-21 10.55.54.jpg

江ノ島ヨットハーバーは鎌倉に住んでいる以前の高校生の時に柵越しに見ていた。

住んでいる時には住まいの近くの由比ガ浜へは毎朝行っていたが、江ノ島へは余り

 

行かなかった。10数年前に江ノ島の近所に住まいのある友人に撮影に誘われて

行ったのがハーバー初体験。

 

最初は35mmのフィルムカメラ、それから4X5のハンディで撮り始めて毎月2回位。

8X10になってからはもっと頻度が増えるかなあと言う10年前に休みが全く無くなり

 

今から6年前から休みが復活し最初に目指したのがハーバーだった。

 

2019.03.09 Saturday

ヨットの船尾

JUGEMテーマ:スポーツ

ヨットの船尾はそれぞれ工夫され様々な形をしている。

船首と共に創意工夫の賜物だと思っている。

 

2019.02.19 Tuesday

烏帽子は何処だ

JUGEMテーマ:スポーツ

海図では近くに見える烏帽子も風力で走るヨットでは風速にもよるが結構遠い。

風が良ければ1時間も掛らないのだが風が良くないと点に見える烏帽子まで遠い事。

 

烏帽子の周囲は岩礁なのでショートパスは危険。

大げさな位大周りで丁度良い。

 

 

2019.02.18 Monday

enosimaを臨む

JUGEMテーマ:スポーツ

ハーバーから茅ケ崎方面へ向かう。

ここまで来るのに30分位。

 

10分から15分はエンジンで機操し、セイルを繰り出し15分くらいの位置。

この位置からハーバーまで機操しても結構時間が掛る。

 

 

2019.02.18 Monday

セイル番号

JUGEMテーマ:スポーツ

ヨットのセイル番号。

無くても支障は無いが固有の番号が有った方が何かと都合が良い。

 

レースでは船名を必ず海上で本部艇に申告する。

それ以前に船の形と人員の認識は出来ているようだが儀礼的に行う申告。

 

漁船や遊魚船には船体番号が大きく書いてあるが、ヨットの船体番号は小さく

遠目には判らないからセイル番号は有効だと思う。

 

 

2019.02.13 Wednesday

セイルシュミレーション

JUGEMテーマ:スポーツ

テンダー(小型の舟)を下ろし前部ハッチからジェネカーを出す。

この黒い袋の中に傘を被った軽い帆が入っている。

 

傘ごと上げて傘を下からまくると中からジェネカーが出て来る仕組み。

 

2019.02.12 Tuesday

セイルシュミレーション

JUGEMテーマ:スポーツ

天気が良くて風が弱い時にジェネカーの上げ下げの練習の準備。

中々コツと勘が肝要。

 

2019.02.02 Saturday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC02243.jpg

 

2019.02.01 Friday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC02339.jpg

プリンセスベイ靴禄亶劼魯丱奪から出て港の出入り口で方向転換し、相模湾の大海原へ出航する。

帰港はそのまま舳先を桟橋に向け帰港する。

 

船の構造と乗り降りを考えてそのように改修してある。

桟橋への乗り降りも桟橋側にゲートが設けてある。

 

ゲートが無い船はそのままガードを跨いで行くので桟橋側に踏み台のある船も。

いつまでも若くないのだから改修すれば良いのにと思う事も。

 

船はその持ち主の個性の固まりで中々に面白い。

船底のキールの長い船と短い船がある。

 

どちらもキールボートの類である。

キールの下部にはバラスト(錘)が付いている。

 

 

2019.01.30 Wednesday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC02343.jpg

そろそろヨットを陸上に上げて船底のメンテナンスをする時期。

毎年2月の第二週がプリンセスベイ靴両絏諭柄イ鯲上に上げてメンテナンスを)する時期。

 

この船はセイルドライブと言う構造でエンジンからの力をギアを使い垂直に下ろし、更に

ギアを入れて横方向に向けてある。

 

セイルドライブの付け根と船底の間にはゴム製のブーツが付いていて、昨年は接着剤がギリギリ

だったので今年は少し違う方法でピッタリ着けたい。

 

ペラの塗装による凹凸も何らかの方法で出来ないものだろうか。

 

Powered by
30days Album