ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.11.06 Wednesday

忍ぶために

JUGEMテーマ:日記・一般

2019.08.12 Monday

悼む

JUGEMテーマ:日記・一般

お盆を前に友人知人や親族を語る事が供養になると信じている。

東京湾花火大会の日に亡くなった兄、あと数時間で花火が病院の個室の窓から

 

見る事が出来るのに打ちあがる数時間前に息を引き取った。

医師の宣告は静かだった。

 

家族に看取られての最期は本人とっては良かったのか、手術をした方が良かったのか

同時期に同じ病の知人は今もピンピンとしている。

 

本人曰くクオリティオブライフとは言ってはいたが、苦しい手術に自らの身を置いて

本当に良い判断だったのかは本人のみ知る。

 

門前仲町に伝説のJAZZ喫茶タカノがあった。

中学から出入りしていたので色々な方と知り合いに。

 

野口久光さん、杉浦日向子さん、枝川公一さん、オーナーの高野勝亘さん

杉浦さんは無くなる1週間くらい前に会っている。

 

その時分にタカノに来ていた方と突然の出会いがあったり、今もタカノを知る

方達がいるのは凄い事だ。

2019.03.30 Saturday

元気だろうか?

JUGEMテーマ:ニュース

2013-11-11 14.22.14.jpg

西新橋にあった佐藤の大将 山口さんが急逝して7か月。

本業の鶏肉卸の方は息子さんが引き継がれて元気にやられている。

 

店も支店のみとなったが変わらず繁盛していて時々行く。

大将の焼き鳥とは比べる比では無いが材料は同じだ。

 

2005年から行っていたから14年は通っていた事に。

こうした行きつけの店が無くなるのは寂しい限りだ。

 

 

2018.08.05 Sunday

Mr. Hiroshi Imai forever

JUGEMテーマ:日記・一般

別れは突然やって来る。

2017-08-04深夜突然の訃報。

 

余りに身近過ぎてただただ驚くばかり。

嘆き悲しんでばかりも居られないので

 

友人知人に深夜のお知らせ。

翌日には通夜告別式のお知らせと諸々の詰め。

 

夏が終わり秋の四九日まであっという間に過ぎて

ようやく実感が。

 

その間、8X10の写真展があったが彼が見に来るような

感覚があって実際見に来ていたのかも知れない。

 

心の何処かに歳をとらない彼が何時もいるので

寂しくなんか無い。

 

今日は彼の一周忌。

 

2017.08.09 Wednesday

食欲全開

心友が世を去っても食欲は全開だ。

精神的に塞ぎ込む事も無く何でも喉を通る。

 

ふと隣に彼が居てもおかしく無い状況だ。

今頃何処かで大好きなバーボンソーダでも飲んでいるだろう。

 

 

2014.08.28 Thursday

米倉斉加年

JUGEMテーマ:日記・一般
友人の叔父だった米倉さんが亡くなった。
最近見かけないなあと思っていた。

何度かお会いした記憶は40年くらい前の事だ。
ある時友人の店のオープンの時にお会いした時に

おもむろに鞄の中から取り出した自作のイラストを
タイルに書いた作品にサインを下さった。

視線や何気ないしぐさが俳優さんなんだなあと思わせる。
気さく何だけど朴訥な人柄は画面の中と何ら変わらない。

何処かで会ったら声を掛けてくれると嬉しい。
懐かしさから何を話せば良いやら。


 
Powered by
30days Album