ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.03.10 Sunday

江ノ島から出航し江ノ島へ戻る

JUGEMテーマ:スポーツ

この位置から江ノ島まで戻るのに1時間は掛る、右は逗子沖と言う事に。

陸路だと夏は悲鳴が上がるくらい混んでいて遠い。

 

早朝なら車だと30分は掛らない。

船だとメインセイルをはりエンジンを掛けて季節を問わず同じ時間。

 

途中の定置網を避けながら慎重に注意深く。

 

 

 

2019.01.14 Monday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC00025 - コピー.jpg

ヨットの船尾。

様々な形のヨットがあり其々が個性の塊。

 

船内も凄く工夫されていて狭さを感じさせない。

限られたスペースの有効活用は住宅にも生かせないものか常に考えている。

 

宮大工は船を作る事ができるが、船大工はどうなんでしょう。

普通の大工さんでは考えもしない工夫が船にはあります。

 

ヨットのオーナーさんの中に一級建築士の方もいらっしゃいますが、どのような建築物を作られているのか

興味が尽きません。

 

そのようにヨットにはアイディアと創意工夫が活かされ具現化されています。

何処をどう見ても合理的な作りになっています。

 

 

2019.01.12 Saturday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC00044 - コピー.jpg

係留桟橋は浮き桟橋な構造で大きな浮きの上に浮いている。

これをポンツーンと言う海底に打ち込んだ柱を挟んで浮かんでいる。

 

一昨年の台風の時に小田急ヨットハウス側から流入した高潮が江ノ島ハーバー側に大量に流れ込み

湘南港側に一気に押し寄せた。その時はポンツーンの柱上部の塩化ビニール製の三角帽で外れなかった。

 

だがその三角帽が傾いたままで1年半が経過、次に同じような台風が来たら外れて桟橋毎

セールングクルーザーが流され大惨事になると予測。

 

管理者側に再三申し入れて工事をしてとお願いしても何も手付かず。

ならば巨大なマイナスドライバーと小槌で直すしか方法は無い。

 

昨年の台風の時も桟橋に来ている水道が壊れ2週間桟橋が断水。

流石に水道には手を出さなかったがその辺の管理の甘さが良くない。

 

メンバーの皆さんはもう少し管理者に要請や文句を言うべきだ。

2020オリンピックを前に神奈川県から船舶の移動を命令口調で要請があったようで。

 

先週、神奈川県から説明があったようですが、ヨットは愚かハーバーの運営に関する理解のある方が

担当者におらず、ただヘラヘラした頭の弱そうな浮かれた連中が来ても事は前には進みません。

 

どの程度の数の船が来てどの程度の面積が必要とされているのかも分からずで説明もクソも無い。

昨年の国際大会に来たレース艇は350艇との事。

 

一部移動しただけでそれだけの事が出来たのなら、係留や陸置きした船の移動は必要が無いのでは?

無駄なお金を使い江ノ島に行く橋も1部拡幅工事をされていますがその予算で、2万トンクラスの客船を会期中

 

チャーターし沖合係留し本部とすれば良いのでは?

その船とメガフロートと台船を基地としたらそれで事が済むのでは無いかと、かなり以前から考えています。

 

観客も横浜から氷川丸で来れば話題にもなるでしょう。

海洋国と謳う日本は何処に行ったのでしょう。

 

 

 

 

2019.01.11 Friday

2019ヨット事始め

JUGEMテーマ:スポーツ

DSC00022 - コピー.jpg

いつもの湘南港(江ノ島ヨットバーバー)桟橋SS-1にて。

写真は2016年に写したもの。

 

ここには100艇位のセーリングボートが海上係留されているが、量産品のメーカー製は少なく船を

見ているだけでも色々なので見飽きない。

 

同じ船形なのは数艇だと思います。

大海原を風の力で疾走している姿も素敵ですが係留されている姿も係留しているロープワークも

 

見ていて飽きない。

寒い時期は中々桟橋に魚もいませんがこれから5月くらいまで様々な海洋生物の宝庫です。

 

 

2019.01.10 Thursday

2019新春の江ノ島

JUGEMテーマ:地域/ローカル

初詣の後帰り道山から降りる途中のシーン。

ここからの眺めは何時もと余り変化が無い。

 

途中の眺めはここ数年で変化が。

道が狭く建築も改築も大変だ。

 

右手にヨットハーバー、左手に腰越の海岸が。

江ノ島に通い出して12年目位になる。

 

その前は44年前位に鎌倉由比ヶ浜に住んでいた。

学生時代に都内から都内の学校に通っていたが、同級生が鎌倉に住んでいたので

 

下宿する事に。

そんなことは学生時代しか出来ないので後あと修行にも役立つとの思いで決断。

 

 

 

2018.07.04 Wednesday

君はこの船を見たか

JUGEMテーマ:地域/ローカル

今、お世話になっている湘南港桟橋SS-1にはかつてこんな船が居た。

何時行っても人影はあるのだが出港はしていない状態。

 

2018.01.16 Tuesday

元旦の江ノ島

JUGEMテーマ:旅行

2018年元旦の江ノ島ヨットハーバー。

撮影したカメラは2000年に発売された、SONY DSC-S30と言うデジタルカメラ。

 

記憶媒体は驚くべき64MB(GBでは無い)と言うメモリースティック。

今年はこんな古いデジタルカメラで写真展を開こうと言う酔狂な仲間たちと3月に祐天寺の

 

ペーパープールと言うギャラリーバーで写真展を開きます。

自分で持っていたカメラを出してきて最近あちこち撮っています。

 

何故か飲み会シーンが多いです。

 

 

2017.11.02 Thursday

ENOSIMA ライフ

JUGEMテーマ:スポーツ

ENOSIMAにはいつも鳶がいる。

40年前には少なかったがここ数年旅行者が増え鳶も増え続けている。

 

食べ歩きをしていると必ず被害に合うので立ち食いは絶対に止めた方が良い。

アイスだろうと何でも食いつくので注意が必要。

 

 

2017.05.22 Monday

SAGAMI 3号

JUGEMテーマ:スポーツ

 

江ノ島でのヨットをまとめた写真展をやる事に。

写真集も作る事に。

 

発行部数は最小でP数は多めにと言う欲張り企画。

なおかつ価格は安めにと言う事でタイトルは相模湾沖の漁礁ブイ「SAGAMI 3号」に

 

しようと思う。

ここを基点にノルウェーフレンドシップレースも行われるので。

2017.05.21 Sunday

沖合からの江ノ島

JUGEMテーマ:スポーツ

ここ数年洋上からの江ノ島。

ハーバーに船を置いて数十年の方の話を聞くと江ノ島は終戦末期砲台があちこちに

 

あったそうで内部は洞窟とトンネルでつながっているそうだ。

確かに砲台としては高さもあり適していたのだろう。

 

そんな悲しい歴史の部分もあります。

 

Powered by
30days Album