ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.09.18 Sunday

ハンディ5X7カメラ

JUGEMテーマ:写真

ハンディ5X7カメラ

某所で11X14フィルムが発掘された時に、実は5X7のフィルムもと聞かされ。

ならばそれもと欲をかく。

 

しかし5X7のカメラが実は無かったと言う顛末。

ならば作る事に。

 

数年して焦点可変式の構想が出た時に初期の構造では無理と言う事になり。

木地で作ったのがコレ。

 

意匠は未だ決まっていない。

そろそろ適当な生地を探さないと。

 

2016.01.04 Monday

5X7撮影準備

JUGEMテーマ:写真
5X7撮影準備
5X7カメラの装備は以外に少ない。
カメラ以外はフィルムくらいしかないからだ。

フラッシュバルブも軽いので負担にならない。
重いのはカットホルダーが12枚(24枚分)と結構ある。

それにしても8X10撮影の1/3位しかない。
11X14だと8X10の倍の重さだから大した事は無いと言える。

11X14も焦点可変式にしたのでこれから出番が増えそうだ。
大容量の光線はフラッシュバルブに切り替えた。

この時代に逆行が心地よいのだ。
 
2016.01.01 Friday

焦点可変式ハンディ5X7カメラ

JUGEMテーマ:写真

ハンディ5X7カメラの焦点を可変式に改造。
パンフォーカスで通してきたがもっとピントを合わせたくなる。

人間視力の衰えと共に良く見たい願望が出て来るから当たり前の事だ。
出来るならその機構を取り入れたくなる。

先に8X10でやったらとても良くなったので気を良くしてどんどんと
改造が進む焦点出しも欲が出て来る。

これから更なる改造が進む。
正月明けには5X7から撮影が進む事に。

人間の欲求は飽くなき進歩を目指している。
 
2015.12.17 Thursday

何が先か

JUGEMテーマ:写真
JUGEMテーマ:アート・デザイン
次の改造は
5X7インチサイズにピッタリのポートフリオを見つけてしまった。
写真が4枚入るそのポートフォリオは5X7インチのプリントにピッタリ。

ならば5X7インチで作品を作らなくては。
5X7インチのフィルムは沢山あるので来年前半はこれで作品を作ろう。

問題はカメラのほうでパンフォーカスしかないので、焦点可変式に改造せねば。
と言うことで改造に出さないと。

毎週、毎月そんな事ばかりで。
 
2015.01.27 Tuesday

世界で一番新しい5X7カメラ

JUGEMテーマ:写真
世界で一番新しい5X7カメラ
世界で一番新しい5X7カメラ。
本日テスト撮影後、直ぐに現像。
撮ったら直ぐ現像
中々良い具合だ。
週末はこれで撮影に行こう。

天気よ回復しておくれ!
2014.04.03 Thursday

5X7ハンディ

5X7ハンディ

日本では余り普及しなかった5X7と言うフィルムフォーマット。

呉服の撮影では良く使ったそうだ。

縦横比が使いやすいのかも知れない。

シャッターも復調し快適に使えると思う。

未だテスト撮影の途中なので週末の撮影までに8X10の改造が終わらなければ

これで行こう。

2014.04.02 Wednesday

5X7用レンズの修理

5X7専用レンズ


100年位前のアナログカメラレンズは今での十分実用品だ。

実用品と言うのは使えると言う事だ。

直せば使える物と言うのは良い事だ。

陳腐化する電子部品は使われていないから。

人生もこうありたい。


2014.02.13 Thursday

Handy 5X7 camera

5X7カメラ製作最終工程

 長岡製作所さんにお願いしていた Handy 5X7 cameraが出来た。

 今回イメージサークルギリギリの大きさで作ったので、4X5と比べて大きさの差が少なく

 持ち運びし易い大きさだ。レンズもパンケーキ型なので余り出っ張らず邪魔にならない。

 Handy 8X10を持ち歩く時に使っているバッグにカットホルダーと一緒に良い具合に収まる。

 これならホルダー10枚位軽々なのでちょっとそこまで撮影と言う事もアリだと思う。

 

 

2014.02.09 Sunday

5X7カットフィルムホルダー

5X7カットホルダー


 5X7フィルムが来たのは良いがカットホルダーが手元に無い。

 カメラは作れば良いのだが肝心のホルダーが無いのは8X10を始めようと思った

 2006年末と同じ状況だ。あれから色々と探す方法を知り考えようやく数が集まった。

 中には2個1(2枚で1枚)3個1(3枚で1枚)と言うような程度の良くない物もある。

 それは仕方の無い事なので諦めが付く。

 現像の方は8X10の現像で使っているJOBO3005タンクが使える。

 こうして準備は着々と進んでいる。

 出来あがったら撮影に行かねば。

 先日行った江ノ島〜鎌倉コースを5X7で写すのも良いだろう。

 

2014.02.08 Saturday

5X7カメラの仮縫い中

5X7カメラの仮縫い中


 5X7用のPROTARは11cmの焦点距離だった。

 レンズの表記には何も無く時代を感じさせるフォルムだ。

 パンケーキのようなレンズなので他のカメラでも使おうと企みハンディながら

 リンホフボードで脱着式に。

 意匠は金茶色の撥水布を纏う事に。

 ストラップは同色でも良いが茶色のポリエステル紐を選ぶ。

 と言ってもいつものように自分で長さを調節して大きなステープラーで止めるだけ。

 これで十分な強度が保てる。

 カメラが出来たら撮影に励むだけだ。

 完成までもう少し時間が掛るだろう。

 

Powered by
30days Album