ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.03.08 Friday

Protar V

JUGEMテーマ:写真

10年近く前に購入し宙ぶらりんになっていたProtar V 5X7レンズ。

調べたらこの時代のレンズのイメージサークルは中心部の美味しい所だけを使って

 

周辺部の事は余り気にしていないようで5X7だと開放で軽く行けるようだ。

試しに8X10カメラに取り付けて開放で覗いて見ると光線は8X10には届かないが

 

絞って強い光線で確認したら8X10の四隅に届いていた。

物の本で調べた8X10では絞れば使えるとの事。

 

ならばアンバランスで調子外れの古いシャッターは止めて、比較的新しい部類に入る

シャッターに交換したら使える事に。

 

シャッターは手元の在庫の中からPress#1を出してきた。

絞りの銘板も新しく刻んでいただいた。

2018.07.08 Sunday

プロターレンズ探しまくり

JUGEMテーマ:写真

探し求めていたPROTAR Vレンズが見つかった。

ただし開放でF18と言う暗さ。

 

110度の包括角度でパンフォーカスで写すにはピッタリ。

レンズが見つかった事で本体の材料探しに奔走して貰う事に。

 

ソルントンは持ち込みレンズが付くように加工に。

届いたのは誕生日だった。

 

2016.08.17 Wednesday

8X10 BAUSCH&LOMB-ZEISS PROTAR.SERIES V. PAT.JAN.13.1891.

8X10 BAUSCH&LOMB-ZEISS PROTAR.

JUGEMテーマ:写真

 

8X10 BAUSCH&LOMB-ZEISS PROTAR.SERIES V. PAT.JAN.13.1891.

いつもハンディで使っているのは6½X8½インチで正式に8X10用では無い。

 

かなり前に8X10専用のバレルレンズを手に入れたが当然シャッターが無い。

古いタイプのバレルレンズだ。

 

ANGULON 210mmをコパル#3シャッターに組み込んでもらった工房「悦」

さんにお願いして今回はPROTARをコパルのプレス#1に組み込んで貰った。

 

この手の加工はアメリカに頼む仲間もいるが折角8X10の仲間にこの手の加工

が出来る仲間がいるのでいつも(時々ですが)お願いする事に。

 

開放でF18と言う暗いレンズだが写りはシャープで切れ味鋭く好きなレンズだ。

プレスシャッターなのでチャージがいらないのと、開放で画像確認用のレリーズ

 

穴があり使いやすいと思います。

 

2015.12.12 Saturday

100年前のレンズを新しいシャッターに

JUGEMテーマ:写真
古くて新しいレンズ
約100年前のPROTAR VバレルレンズをCOPALのシャッターに組み込んだ。
開放でF18なので普通の撮影には向かない。

暗過ぎて被写体は愚か周辺部が全く見えないからだ。
ソルントンシャッターのレンズと同じ時代の物だ。

そこで今度は焦点距離を可変式にして3m〜∞まで(実際は1.5m〜∞まで行く)。
それにシンクロを付けてフラッシュも使えるように。

8X10で148mmなので結構広角で思わぬ物まで入る。
狭いヨットのキャビン等はピッタリだろう。

これで現在テスト撮影を重ねている。
来年はこの方式で11X14だろう。

 
2013.12.26 Thursday

ProtarとPhillips

PROTARとPhillips

Protarレンズで新たにハンディ8X10を考えている。

今回レンズシャッターにバレルレンズを組み込んでもらった。



2013.12.11 Wednesday

PROTAR V

レンズが出来た

ハンディ8X10で活躍したPROTAR Vもう1本しまっておいたのをシャッターに組み込み依頼。

8X10カメラで確認したところ、四隅にも欠けは無いようだ。


実際にカメラを外に持ち出して三脚を立てて撮影をしよう。

そのための準備をしよう。



Powered by
30days Album