ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.11.15 Friday

オーバーホール

JUGEMテーマ:日記・一般

大物時計の修理から始まり最終的に腕時計の修理まで出来るようになるのに
早くて5年、ぼやぼやしていると10年15年は掛る。

大物時計の構造そのものに興味を持ってしまい先に進む事は無く、商売の基礎を
学ぶ方向になっていた。

時計の構造とカメラの構造は違い関連するのは工具位の物だ。
工具の使い方の荒い人は上手な修理人にはなれない。

生まれ持った性格が大いに影響する。
時計の修理の道に進んでいたらどうなっていたんだろう。

当時はメカニカル時計の衰退期でクオーツ時計の黎明期でもあった。
時計の修理にタイムグラファーから様々な機器が必要になる時代だ。




 
Powered by
30days Album