ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.05.10 Tuesday

実験ピンホール

JUGEMテーマ:写真
実験ピンホール
ピンホールカメラの実験を2006年くらいはずっとやっていた。
燐青銅の板に穴をあけるのに様々な工場に話をして最初はレーザー、精密ドリル、

ウォータージェットと色々やったが結果として完成品として販売されている穴には
敵わない事を理解する。

8X10用の専用カメラがアメリカにあると聞き、メールをしてみた。
完成品があるので送るが運賃が結構掛かる。

そこで75mmのと150mmのをお願いした。
中々持ち出す場所が無く数年前にようやく出番があった。

本当はピンホールでポートレイトを撮りたい。
中々チャンスが無いので苦悶中。
 
2016.05.07 Saturday

ピンホール写真

JUGEMテーマ:写真
印画紙プリントが出来る人はご存じ
これを見てピンと来る人は印画紙を焼いた事がある人。
普通にピンホール写真を写すと周辺光量が足らずに真ん中だけが

明るくなってしまう。
そこでこれが出番となると言う訳。

これを使うとある程度光線が拡散するのでピンホールとは思えない
光線が回る。

人を撮る時にこれをやるとみんな笑顔になる。
今年はピンホールで人を撮りたい。

 
2016.04.27 Wednesday

マイケル

JUGEMテーマ:写真
マイケル
75mmの8X10ピンホールカメラで写した写真をサイアノでプリントした作品をキャンバスに
取りつけた作品はヨットの艇長に気に入って頂き、キャビンの一番良い場所に。

それをデジタルカメラで写してみました。
ボケさ加減とグラデーションが凄くて面白い作品です。

これも今回の写真展に出す予定です。
 
2015.05.01 Friday

8x10ピンホール

JUGEMテーマ:写真
8x10ピンホール
プリンセス ベイ形ゾ紊砲8x10ピンホール撮影中。

 
2015.04.25 Saturday

8X10ピンホール

JUGEMテーマ:写真
8X10ピンホール
8X10のピンホールカメラを先週から実戦投入。
非常に単純な構造なので逆に使い方が難しい。

何よりごまかしが一切効かない。
きちんと水平出しをして構図を考えてF256なので勿論三脚に乗せて。

露出を計り算出式の換算表を見ながらの撮影。
物凄い緊張感。

先週は8枚のフィルムを持って行って4枚しか写せなかった。
今週は6枚にしよう。

 
2015.04.24 Friday

ピンホール撮影の秘密兵器

JUGEMテーマ:写真
覆い焼き棒
ピンホールカメラで広角だと周辺光量落ちが激しくて真ん中の露出と周辺部の露出が
著しく変化してしまう。

印画紙プリントの心得がある方には判ると思うが覆い焼きすると、周辺光量落ちが
軽減される。

大きさと使い方にコツがあるので数十枚の撮影経験が必要と思う。
目下練習を兼ねた撮影に余念が無い。

少なくとも50枚位の撮影は必要と思う。
 
2011.07.29 Friday

Pinhole

JUGEMテーマ:日記・一般
Pinhole Camera

仲間ウチでVivitar熱が再びじわじわと熱を帯びているのかと思ったら、Pinhole熱もドクドクと
脈打っているいる様子。

それならと4×5のピンホールを出して来たが8×10と言う手も。
4×5は現在赤外線で鋭意撮影中なので、もう少し大きなのが良いかも。

8×10でプラチナパラジウムと言う手もあったワケだし。
ピンホールなら基本どこでもピントが合うわけだから色々写したい物がある。

Tri-Xも先日沢山買ったので色々やってみようと思う。
2011.07.28 Thursday

ピンホールカメラ

JUGEMテーマ:日記・一般
 
久しく話題に上らなかったピンホールカメラで作品を作る事になる。
となると4×5か8×10か。

8×10だと穴を探さないと。

2006.07.10 Monday

ピンホールカメラの孔



いよいよピンホールカメラの孔が第三世代となりました。
第一世代・・・レーザー光線にて
第二世代・・・ウォータージェットにて
第三世代・・・新方式

明日よりテスト撮影を開始します。

2006.07.06 Thursday

ピンホールカメラ



ピンホールカメラの試作2号機の途中経過です。
本体の改造を数回行いました。
光線漏れがありシャッターの構造を直しました。
シャッター自体の穴の(ピンホールで無く)大きさを変えました。

肝心のピンホールはレーザー加工を卒業して、水圧で開けるウォータージェット
(テレビとか電球やカメラをそのまま切断するアレです)に活路を見出し
ましたが、微細な穴は無理でした。

現在は更なる方法を考え付いて、某試作プラントのメーカーにお願いしました。

近々、試作品が出来てテスト撮影に入ります。



レーザーの穴でのテスト撮影したポジフィルムです。
今度はもう少し良く写る孔を目指します。

Powered by
30days Album