ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.09.21 Friday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

この抜けの良いレンズ、引き伸ばしレンズと言う事は誰も気が付かないでしょう。

是非アラ探しに写真展にお出で下さい。

 

明日は午後遅くになりますが会場におります。

 

 

2018.09.20 Thursday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

E-CONGO 50mm f3.5にヘリコイド。

SONYのEマウントミラーレスで写すと中々抜けの良い写り。

 

このレンズで35mmネガを引き伸ばした時とは全然違う。

日野にあった山光学にお邪魔した時に山崎さんが帰りにお土産で持たせてくれた

 

新品未開封の製造番号3番のレンズ。

このレンズ中々良いです。

 

今日から開催中の写真展でもこのレンズで写した作品が出ています。

今回はA1サイズの私としてはこじんまりとした作品です。

 

展示方法も新しい方法を考案しました。

 

 

 

2018.09.19 Wednesday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

ヨットの心臓部におけるロープ。

各種部位におけるロープの色分けで機能が違うが何が何処につながっているのか

 

最初はさっぱり分からなかった。

同じ色のロープもあり元を手繰っていてようやく判る事も。

 

半分頭に入れても実際咄嗟には出てこないのが現実。

今年は7月8月と何やかやと土曜日に動く事が出来なかったので今月から再開。

 

毎週水曜日には半分くらい暗室に籠ってプリントしていた。

デジタルもパソコンのモニターを買っておいたが、本体は手つかずの状態。

 

それを8月から再構築しWin10に入れ替えた。

Macが古すぎてドライバー対応が乖離してしまっていたのでそこからの再スタート。

 

それを金曜からの写真展に出します。

 

今回はA1のプリントで3枚玉で撮影した物。

9枚あるのだが仕事で搬入出来ない。

 

 

 

 

 

2018.09.18 Tuesday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

単焦点の引き伸ばしレンズで何処までピントが来るか、近接と遠景での差は?

と言う事で今回少し小さくA1サイズでのプリントでしたがRAWで写した遠景は

 

トンデモナク良く写ります。

近接も驚くべき解像度。

 

こればっかりは現物を見ていただかないと。

 

少し郊外で遠いですがたまには足を延ばすのも良いかも。

 

2018.09.17 Monday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

風見の毛糸は赤かと思っていたが何故か緑に。

単なる色転びなのだろうか?

 

この写真を大きくプリントしたら右2本のロープの中にレンズが連続的に。

今週開催の3枚玉レンズまでの写真展に出しますので確認に来て下さい。

 

会場は東京を離れまして今回は溝の口です。

 

 

私も土曜日は夕方から会場に。

その前は江の島です。

 

2018.09.16 Sunday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

風の力で走るヨットは島影に入ると急速に風の力が衰え減速する事や、急に風向きが

変わってメインセールのブームが急に向きを変えてワイルドジャイブする事がある。

 

ある程度経験すると次はこういう向きになると事前予測も付きますが運が悪いと非常に

危険とにかくブームパンチは気を失うか海に弾け出されるかとても危険です。

 

気を失ったまま海に弾き飛ばされたらと思うとゾッとします。

 

メガネレンズも本来は偏光レンズが良いのだがずっと色のあるレンズだと船内に

入った時に濃度が濃すぎて不便。航海中は偏光で船内は調光に掛け替える事が

 

多い。中には調光偏光と言うレンズもあるが最初から色が濃いのでお勧め出来ない。

 

2018.09.15 Saturday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

船のロープは常に風雨や波浪や紫外線に晒されているので物すごい強度が必要です。

使う部署にもよりますが何トンもの強度が必要な部署もあります。

 

まさしく命綱な訳です。

 

2018.09.14 Friday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

ジブとメインのセイルの組み合わせでヨットは走ります。

風の強さによってメインの角度は違いますがこの使い方は各自基本はあるようですが

 

物すごく違っていて面白いのも事実です。

レースのスタート時は緊迫感もありますがへぇーと言う時やエッと思う場面もあり

 

規則とルールがごっちゃになる事が多々あります。

 

2018.09.13 Thursday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

ジブと呼ばれる帆は発条仕掛けの装置を使い帆走以外は巻いておきますが、使う時には

引き出して丁度良い状態にします。

 

数が強い時には少し巻いて使うか様々な使い方を駆使します。

風との知恵比べみたいで毎回面白いです。

 

2018.09.12 Wednesday

3枚玉レンズ

JUGEMテーマ:写真

絞りを開き加減で撮るとこのようになります。

水を切って船が帆走しています。

 

風によっては傾きとは反対側に移動してバラストの役目をします。

それにより速度が上がる事が多く常に救命胴衣着用で、荒天時にはハーネスと呼ばれる

 

命綱を救命胴衣と船に結び付けます。

 

Powered by
30days Album