ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.11.01 Thursday

落語の世界はつい最近らしい

JUGEMテーマ:日記・一般
千社札お断り

宵越しの金は持たないと言われている江戸っ子。
本当の所はどうなんだい?

盆暮れと正月しか休みが無かったらしい。
お給金と言うのはどのようなシステムだったんだろう。

いつもピーピーしていたから宵越しの金は最初から無かったのかも知れない。
そんな風に考えてみると面白い。

寿司、天ぷらは屋台から発祥したようだし、当時の人達は何を食っていたのだろう。
清酒なる清らかな酒の登場もごく最近らしいし。

仏滅だ大安だって最近考えついたようだし、庶民が絹を着られるようになったのも最近。
輸送状態の良くない河岸ではどんな物が主流だったんだろう。

氷は明治になってからでしょ。
落語の世界は考えてみるとつい最近の事らしい。

そこいらの横丁に熊さんが昼寝をしているかも知れない。
Powered by
30days Album