ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.10.23 Tuesday

It is not necessarily reflected well

JUGEMテーマ:日記・一般
I am a model
ネガ現像したものを反転してみました。
これを焼くと良いかも知れません。

なぜなら私がモデルだか。
最初は普通の姿だったのですが折角なら手ぬぐいで頬っ被りをし。

次は唐草の風呂敷でマントです。
これぐらいの格好をしないとワークショップを見せてもらっているのですからアタリマエです。

何せ記録すべきウエット・プレート・コロジオンですからね。
上野彦馬の世界ですから。

露光時間が長いために頭押さえの金具が必要です。
10秒から25秒だとどうしても必要でしょう。

何か考案しないとね。
しかし面白い体験です。

この写真術は長崎出島の時代何ですから。
オランダ軍医ポンペとか舎密局必携の1862年ですから150年前の写真術何ですよみなさん。
2012.10.22 Monday

Bad Positive Good Negative

JUGEMテーマ:日記・一般
ガラスの表面処理中

wet plate collodionはこれから写真の本流になる可能性がある。
少し先を行くと面白いかも知れません。

日本よりも海外の方がずっと進んでいますので教わることが沢山あると思います。
古典的な技法ですが日本では印刷関係ではごく最近までやっていたようです。

先人や達人が沢山いると思います。
そう言う意味ではこれからさなざまな交流が始まるかも知れません。

こんな事をみんなに知らせる意味ではブログで書くことは一歩進むのかも知れません。
2012.10.21 Sunday

写真の入口にようやく辿り着く

JUGEMテーマ:日記・一般

ガラスの角に卵白を塗る

世の中フィルムが無くなりデジタルへ以降するのではとか言われていますが、
アナログも実は捨てた物では無く振り子が戻りつつあるのも事実です。

また古典的な技法も見直されて様々な技法が蘇りつつあります。
日本では情報の伝播に何故か時間がかかります。

そんな中、いつもお世話になっている麻布十番の田村写真さんで第1回目のwet plate collodion
ワークショップがありました。湿版写真を作るワークショップです。

写真は角を落としたガラスの角に卵白を塗り、コロジオンが上手く乗るようなテクニックです。
本を読んだだけでは判らないノウハウがこのワークショップでは身に付くと思います。

私は当初参加できない予定でしたがちょっと時間が出来たので見せて貰いに行ってきました。
今日は写真の入口を見せていただいたような気がしました。

ゆっくりと流れる独特の時間が、江戸っ子の気の短いせっかちな性格に修練のチャンスを
与えてくれたような感覚です。

こんな面白いとは思わず貴重な瞬間を見たような気がします。
次回は何としても参加しなきゃ。

田村写真
〒106-0032 東京都港区六本木5丁目11−32  岩崎ビル2F
電話03-3404-6646
営業日(休日祭日を除く)月曜〜金曜日、朝9時〜夜7時


Powered by
30days Album