ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.01.17 Wednesday

温故知新

JUGEMテーマ:写真

掃除をしていたらこんなカメラが時折ゴロっと出て来る。

電池はGRDと共用なので即使える。

 

 

2018.01.17 Wednesday

温故知新

JUGEMテーマ:写真

掃除をしていたらこんなカメラが時折ゴロっと出て来る。

電池はGRDと共用なので即使える。

 

 

2017.12.29 Friday

20世紀デジカメ

JUGEMテーマ:写真

食べる物には露出も焦点も何も迷いません。

持ち主に似るんですこの時代のカメラは。

 

2017.12.28 Thursday

20世紀デジカメ

JUGEMテーマ:写真

更に暗くなるとオートフォーカスの迷いが生じます。

本当は手前の滑車に合わせたいのです遠方に焦点が来てしまいます。

 

純正の電池も寿命が尽きていて汎用のタイプを探してきて使います。

メディアもSONYが鳴り物入りで作ったメモリースティックも既に無く

 

中古で探してきて使うと言う状態。

 

2017.12.27 Wednesday

20世紀デジカメ

JUGEMテーマ:写真

20世紀デジカメの欠点に夕方の明るさが上手く捉えられない事があります。

暗い時のコントラストも現代カメラとは違う趣があります。

 

 

2017.12.26 Tuesday

20世紀デジカメ

JUGEMテーマ:写真

専用電池が死んでいました。

何時間充電しても回復しませんでした。

 

そこでネットで探すと色々とある事が判りました。

画像用のメディアも中古ですが手に入りました。

 

となると写さないと。

今回は130万画素と330万画素、それに210万画素を使っています。

 

全てズーム付きですがモニター画面が小さくて大変です。

 

2016.11.07 Monday

新しいデジタル機材

JUGEMテーマ:写真

クルマ

久々に35mmのフルサイズデジタル機材。

今度はレンズが固定式のタイプに。

 

一眼式も持ってはいるのだがレンズ交換する撮影スタイルでは無いので

ならばごみの混入の無い固定式だろう。

 

多少制約があった方が良いと言う考えに到達。

シャッター音も無く勿論振動すら無い。

 

 

2014.02.10 Monday

デジタルで遊ぶ

デジタルで遊ぶ


 α7R+SUPER BALTAR 50mm F2

 変換マウントにヘリコイドが付いているので、ついつい接写を試みてしまう。

 この苺はでかかった。

 

2013.11.23 Saturday

充電中

JUGEMテーマ:日記・一般


充電中

最初に充電しないと何も使えない事が判った。
製品の登録もパソコンから行うようだ。

だから時間を作って基幹PCでは無い方から登録しよう。
アルファー系のレンズは昔のしか無いのでライカマウントに改造したレンズをメインに。

35mmの映画用のレンズで写した画像が何処まで伸びるか試してみたい。
そのためにPCの入れ替えや大判プリンターの交換さえ考えている。

デジタルだとアナログと違いコストが下がると考えている方が多いのだが。
実はアナログ以上にコストが実は掛ります。

カラー印画紙よりもデジタルカラープリントの方がコストが高いのです。
その事を実証する意味もあり、こんなカメラを買ってみました。

デジタル一眼を買うのは相当ぶりなので何も判らず。
明日からPX9000が唸りだすと思います。

2013.08.16 Friday

時にはデジタル

JUGEMテーマ:日記・一般

全てがアナログでは済ませられない時代に入り数十年が経過した。
このブログもデジタル機器が無ければ成り立たない。

アナログとデジタルの良さを引き延ばせば時代を楽しむ事も可能だ。
デジカメも使うがアナログも使う。

これで良いのでは無いだろうか。
電子計算機を使うようになったのは18歳の頃だ。

電卓はカシオミニの発売が中学生の時。
これでも答え一発カシオミニの世代なのだ。

新しいモノが好きなのは先祖譲り。
古いモノが好きなのは先祖かどうかは判らない。

車もいつの間にかキャブレターじゃ無くて電子制御になった。
古い技術と新しい技術が混在している変革期に生きているって、実は人類の歴史の中で

稀な時代なのかも知れない。
その辺りの時代を味わうのも面白いだろう。

そのように今を思って生きるのも乙なもの。
そんな話を肴に一杯飲んでも楽しかろう。


 
Powered by
30days Album