ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.07.21 Saturday

謎のバレルレンズ その2

JUGEMテーマ:日記・一般
謎のバレルレンズ その2

12X10インチ用のレンズと言う触れ込みでebayで出ていたが、調べ方が悪いのか何も出て来なかった。
市場評価が低いものなのか何も分からず入札してみた。

そのまま値段が上がらず無事?落札された。
10日ほどして届いたそのレンズは小さくて35mmの引伸しレンズ位の大きさ。

こんなので8X10何かに使える訳無いだろう!
と思って投げてあった。

数カ月してリンホフボードの余っていたのにパーマーセルで止めて8X10で覗いて見た。

どんな角度で見てもイメージサークルが途切れないのだ。
11X14カメラの仮組みが出来た頃それを持って行った。

覗いてみたら四隅まで全然切れない。
但し焦点距離が極端に短い。

10インチ以下なのでカメラの近点距離を短く直さないと。
シャッタターの無いバレルレンズなのでシャッター分短く出来るようにしなければ。

Scovill Manufacturing Companyは1802年創業で当初は真鍮製のボタンや縫製器具を
 製造していた。

1846年にNYに店を出した。
当初はダゲレオタイプの製造と販売をしていた。



Powered by
30days Album