ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.02.27 Monday

ルサール20mmの威力

JUGEMテーマ:写真

広角20mmの威力は船体から3mの距離でこの画角まで入る。

35mmフルサイズF11でこの周辺光量落ち。

 

 

 

 

2016.09.08 Thursday

明るい広角

JUGEMテーマ:写真

明るい広角

明るい広角レンズ。

158mmで8X10用とくれば買わない手は無い。

 

単玉とこれで良いのではないだろうか?

と思ってしまう。

 

機材を軽くしたい時にはこれで良いんじゃないだろうか?

2013.02.04 Monday

広角レンズが好きだ

JUGEMテーマ:日記・一般
90mmの4X5レンズ

小型の35mmカメラも中型も、4X5や8X10は勿論、11X14すらも広角レンズが好きだ。
狭い場所でも広範囲に写せるし、何よりコンパクトなレンズが多い。

軽くコンパクトだと機動力がある。
撮影に3本のレンズを持って行くとして実際使うのは1本だ。

ズームレンズでは大体広角側しか使わない事が多いのと同じだ。
4X5を復活再開した時に90mmから用意し、180mm、300mm、240mmと来た段階で

再び広角側に戻るのだが65mm、75mmと来ると双六のように65mmに戻ってしまう。
180mmから300mmまでは偶然8X10でも使えるレンズだった。

8X10を始めた時にも120mmを買い求めた位なので広角が好きなんだと思う。
でも、実際ネガを見てみると180mmで写した初期の写真が多い。

4X5のハンディは65mmで、8X10のハンディは120mmで制作に入り
最終的に148mmや150mm、11X14ですら210mmでハンディを作った。

2012.05.03 Thursday

大きなイメージサークル

JUGEMテーマ:日記・一般
ワイドフィールドエクター250mm

8X10の概ね2倍のフィルム面積を持つ11X14カメラ。
広角好きは更に大きなフィルムでも同じ傾向にあるようだ。

最近の撮影ではワイドフィールドエクター250mmやアングロンの210mmを使っている。
どちらも11X14をカバーするイメージサークルのレンズ。

パンフォーカスで使うハンディとは異なり三脚を据えて写すフィールドタイプでも、
広角レンズを使うとパッチリ当てはまるような使い方が出来る。

アングロン210mm

古いレンズシャッターにはストロークの長いレリーズが必要だ。
普通のレリーズではシャッターが切れない事が多い。

2011.12.09 Friday

大判でも広角好き

JUGEMテーマ:日記・一般
NIKKOR-SW 120mm

以前から広角レンズは好んで使っていました。
4×5のカメラで最初に欲しかったのはスーパーアンギュロン65mm f8。

当時は中々物が無くてようやく買ったのを覚えている。
渡部さとる師匠がおしっこをちびりながら買ったと言う銘玉としても知られている。

それから程なく75mmと90mmも買った。

8×10カメラを長岡製作所に注文した時もカメラが出来上がる前にフジヤカメラ店で前から
目を付けていたNIKKOR-SW 120mmを買う事にした。

2Fの奥の棚でかなり前(半年はあったと記憶している)から売れずに隅に置いてあった。
段々と値下げの対象になっていて当初の半額以下になっていた。

レンズ前面のコーティングにクラックが入っているのだ。
カラー撮影では影響があるかも知れないがモノクロなら全く問題が無いのは経験から判っていた。

このレンズはその後同じ物をもう1本買った。
現代レンズでモノクロには不向きなのとイメージサークルが開放だと足りなくなる。

でも何故か憎めない存在なのだ。
ハンディタイプの8×10を最初に作った時もこのレンズで作った。

その後PROTAR141で作り直してから使わなくなっていた。
それでも色々と思い入れのあるレンズなのでその後絵の具の箱で再度ハンディ8×10で作り直した。

このレンズ対象形で前後に躯体が出っ張っている。
そのために持ち運びに不便なのだ。

もう少しカメラ本体の中に入れ込んで作る必要があるかも知れない。
今度は専用の箱を作ろうと考えている。
Powered by
30days Album