ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2011.12.01 Thursday

8×10フィルムを持ち運ぶには

JUGEMテーマ:日記・一般
minerva AZ bag

8×10の撮影時に困るのはフィルムの持ち運び。
レントゲンフィルムを入れるホルダーの小型番と思っていただければ。

小型のまな板のような形状と思っていただければ良いかと思います。
1枚のホルダーの表と裏に1枚づつのフィルムが入っています。

10枚撮りたい場合は5枚のホルダーが必要になります。
暗室(全暗)でホルダーにフィルムを入れます。

そのままでは持ち運びが不便で当初は風呂敷に包んでいました。
風呂敷は大昔の銭湯で広げてこの上で着替えていたようです。

だから風呂敷と言います。
これでも良いのですが撮影時に往来で風呂敷を広げるワケにも行きません。

何か無いかといつもの画材屋巡りをしていた時にminerva AZ bagに出会いました。
本来はスケッチブックやパレットや絵の具を入れる万能なbagなようです。

このbagは不思議な事に毎回布が違ったりベルクロがホックだったり、金具が金属だったり
プラスチックだったりと不思議なのです。

4枚のホルダーがゆったり入ります。
5枚でも入らない事はありませんがbagが痛みます。

色は基本3色なのですが布も毎回微妙に風合いが異なります。
製造側にも色々な事情があるのかも知れません。

撮影時には引きフタを入れるのに便利なポケットがあります。
8×10撮影時には欠かせないbagです。

ホルダーも大量に撮影していた時期からどんどん増えて今では人に言えない位の枚数に。
AZ bagも沢山になりました。

AZ bagが4つ入る工具入れも重宝しています。
色々な組み合わせが撮影の行動半径を広げてくれます。

11X14のフィルムは図面入れに丁度良い大きさのがあります。
これに1枚づつホルダーを入れて運んでいます。

Powered by
30days Album