ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.12.21 Tuesday

8×10、11×14のフィルム現像 その1

JUGEMテーマ:アート・デザイン
8×10、11×14のフィルム現像には現像タンクが必要です。
ハンガーで吊る方法も以前はありましたが、どうしても現像斑になり易いのと、全て全暗で処理する
事が必要になります。

時間管理や温度管理が更に大変になります。
ハードルも凄く高くなります。

そこでJOBOタンクの出番になります。
8×10は専用の3005タンクがあります(ありました)。
JOBO 3005


11×14には専用のタンクがありませんので、印画紙現像用のタンクを流用します。
印画紙現像タンクには印画紙のズレ防止の仕切りが出ています。

そのままではフィルムのベース面に傷が出来ます。
そこで下敷きを切って仕切りを覆ってしまいます。

 
Powered by
30days Album